*

公開日: : ニュース

「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」など数多くのアニメソングをヒットさせたことから「アニメソング界の大王」と呼ばれ、歌手はもちろん、声優、俳優としてマルチに活躍中のささきいさお(75)が9月24日、東京・港区のフリーキックスタジオで、「ささきいさお生誕75周年記念カラオケ大会」のグランプリ受賞者・小窪文人さん(30)=埼玉県在住、会社員=と一緒にレコーディングを行った。

ささきいさお(その1)

同カラオケ大会は、さる5月21日、ささきが75歳の誕生日(5月16日)を迎えたのを記念して開催され、全国から約500通の応募者の中から選ばれた全16組(全21人)が決勝に出場。それぞれが好きなアニメソングを歌って競い合った結果、「がんばれ!宇宙の戦士」を歌った小窪さんがグランプリを受賞し、そのグランプリの副賞として「ささきいさおとのレコーディング体験」が贈られたもの。

 今回の歌唱曲は、ささきが1980年に発表したテレビアニメ「宇宙大帝ゴッドシグマ」のオープニングテーマ「がんばれ!宇宙の戦士」(詞・八手三郎、曲・小林亜星)。1コーラス目を小窪さん、2コーラス目をささきが歌い、最後の「シグマ シグマ ゴッドシグマ~」というサビの繰り返しフレーズを2人で歌唱して収録。ささきは、小窪さんが歌う歌に終始、じっくりと耳を傾け、その都度、気づいたことを懇切丁寧にアドバイスしながら最後まで和気あいあいの雰囲気でレコーディングを終えた。

ささきいさお(その2)

 歌い終わって、ほっとした表情を見せた小窪さんは「ささきさんは昔から大ファンでして、深い低音が魅力的で、男性からしてもカッコいいなと思います。どの曲も好きなものばかりですが、カラオケ大会で『がんばれ!宇宙の戦士』を選曲したのは、自分の緊張を和らげるためと、まわりのお客さんに緊張が伝わらないように楽しんでもらうためです。今日もその曲を歌わせていただき、貴重な体験をさせていただきました」と感激していた。

 ささきは「この曲は、レコーディングしてから3回ぐらいしか歌っていませんが、ノリがよくて、覚えやすい曲ですし、客席と一体となって楽しめる歌なので、小窪さんが選曲したのは正解だったと思います。今日、小窪さんの歌を聴かせていただいて、最初は初めての体験で緊張されていたのか、声が出ていなくて心配しましたが、だんだんとご自分のペースを取り戻し、最後は安定していて、素直な声の出し方に好感が持てました」と絶賛。

ささきいさお(その3)

 同スタジオは、ささきがよくレコーディングしているお気に入りのスタジオだそうで、小窪さんは「カラオケ大会でグランプリをいただき、しかもレコーディング体験ができるなんてまるで夢のようです。しかもささきさんがいつもレコーディングされているスタジオで歌わせていただけたのが信じられません。今回のCDは貴重ですし、自分の宝物にします」と話していた。

 10月18日には、NHK―FMの音楽番組「アニソンアカデミー」の校歌CDで、アニソン界の帝王・水木一郎との初デュエットソング「アニソンアカデミー校歌」を日本コロムビアから発売。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる