*

■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

公開日: : ニュース

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード)がロングヒット中の演歌歌手・市川由紀乃(41)が9月11日、東京・台東区の浅草公会堂で「市川由紀乃コンサート2017 唄女(うたいびと)」と銘打ったコンサートを開いた。

市川由紀乃(その1)

開演前から「今日は約1年ぶりの浅草公会堂でのコンサートになりますが、昨夜からかなりの興奮状態です。今回のコンサートは、かなり盛りだくさんの構成になっていますので、お客さまにびっくりしていただいたり、また懐かしい曲も出てきますし、いろんなコーナーがあるので、とにかく楽しんでいただきたいです」と、同公演にかける意気込みもひとしお。

市川由紀乃(その2)

 会場は、約1200人の熱烈なファンで超満員=チケットは完売=の中、昨年大みそかの紅白初出場のステージでも披露した「心かさねて」でオープニングの幕を開け、「遠方からもたくさんのお客さまが駆けつけてくださり、感激で胸がいっぱいです。デビューして丸24年という月日がたちましたが、こうして歌わせていただいて、この舞台に立たせていただけるのも皆さまのお陰です。今日は、日ごろの感謝の思いを込めて、皆さまに『ああ、楽しかった』と、いっぱい、いっぱい笑顔になっていただけるそんなひとときがお届けできますよう精いっぱいつとめさせていただきます」とあいさつ。

オリジナルメドレーから「海峡出船」「一度でいいから」「流氷波止場」、2015年の大ヒット曲「命咲かせて」、昭和の名曲のカバーから彼女が尊敬する先輩歌手・島倉千代子の「愛のさざなみ」、同・五木ひろしの「待っている女」、同・美空ひばりの「ある女の詩」、ミニドレス姿で麻倉未稀のポップスナンバー「What a feeling~フラッシュダンス~」、現在ヒット中の新曲「はぐれ花」、ファイナルは今回のコンサートのために作られた「あなたがそばに」など全15曲を熱唱した。

市川由紀乃(その3)

 新曲については「3月22日に発売させていただきましたが、日に日に手ごたえを感じています。月日が流れると、演歌・歌謡曲が大好きな方からの『新曲はいつなの?』というお声もありましたが、この『はぐれ花』では『まだ頑張っているね』というお声をいただいていますし、私は一つの曲を長い期間、歌っていきたいという思いがつねにありますので、2017年はこの歌で頑張っていきたいと思います」。

また、「今年も紅白連続出場を目指しますか?」という記者からの質問には「最後まであきらめず、マイペースで、年末まで走ることなく、ゆっくりと地に足をつけて歩いていきたいと思います。1年を締めくくる日にまたうれし涙を流してみたいですし、笑顔で新しい年を迎えられたらいいですね」と意欲を燃やしていた。

市川由紀乃(その4)

 11月8日には、昭和歌謡カバーアルバム「唄女Ⅱ~昭和歌謡コレクション」が発売されるが、その中には久保田早紀の「異邦人」も収録。「演歌・歌謡曲はもちろん大好きですが、いろんなジャンルの曲、ジャズやシャンソンなども歌っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる