*

■田川寿美・グッチ裕三主演の「歌謡ポップスチャンネル」特番「スナック寿美」収録&取材会。黒沢年雄、泉谷しげる、IMALUがゲストに

演歌歌手・田川寿美(41)とタレント・グッチ裕三(65)が主演する演歌・歌謡曲専門チャンネル「歌謡ポップスチャンネル」の特別番組「スナック寿美~今夜も!有名人が集まる店~」(8月30日放送)の収録&取材会が7月24日、東京・江東区のWOWOW放送センターで行われた。

田川&グッチ(その1)

来店すればどんな客も元気になれるという東京・下町の隠れたパワースポット「スナック寿美」――歌がうまくて聞き上手なママ(田川寿美)と、音楽好きのバーテンダー(グッチ裕三)が切り盛りする有名人も訪れるカラオケスナックに、ゲストの黒沢年雄(73)、泉谷しげる(69)、IMALU(27)の3人が店の客として訪れ、様々なトークが繰り広げられるユニークで楽しい音楽バラエティー番組だ。

 取材会では、最初に「スナック寿美」開店祝いと見立てて鏡開きを行った後、田川は「初めての体験でしたが、いまは歌番組でこういったバラエティーっぽくいろんなジャンルの方とお話する機会がなかったのですごく楽しかったです」。

 グッチ裕三は「寿美ちゃんと本当にお店を始めたような気分になっちゃいまして、これは何とか流行らせなければまずいみたいな…。でも、今日はゲストを失敗しましたね。泉谷さんが全く最低の秩序がないんですよ。死ぬほど内容は面白かったんですけれど、ほとんど放送できないんじゃないでしょうか(笑)」。

田川&グッチ(その2)

 その横から泉谷が「CSなんだから頑張ればいいじゃん」と言うと、グッチ裕三が「泉谷さん、完全にテレビのこと忘れていましたよ。でも、泉谷さんってとても可愛くて、いい人です。この番組は、見ている方は本当にカラオケスナックにいるような気分になると思います」。

 また、出演した感想を聞かれた黒沢は「僕は仕事だから…」と言うと、グッチ裕三が「カラオケの店を潰しているのであまりのってないんですよ」と大爆笑。

 客がママとバーテンダーに会って元気になって帰っていくというコンセプトの同番組に出演したIMALUは「泉谷さんと黒沢さんのカラオケが聴けるという貴重な経験をさせていただきましたし、いろいろと勉強になりました。ただグッチ裕三さんもおっしゃっていたように使えない話も多かったですが、かなり盛り上がっていましたので、自然と楽しめました。先輩方の貴重なお話も聞けてとても楽しかったです。私の年代の方々もきっと楽しめるんじゃないかなと思います」。

 田川とグッチ裕三のデュエット曲「3年目の浮気」をはじめ、黒沢の「おまえに」、泉谷の「銭形平次」などのカラオケが聴けるもの見どころだ。

 最後に田川は「ほかにはない『歌謡ポップスチャンネル』ならではの音楽トークバラエティー番組ですので、ぜひご覧ください」、グッチ裕三は「家でカラオケ気分を味わってください」とPRしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる