*

■べー・チェチョルが日本メジャーデビューCD発売記念コンサート。美空ひばりの「悲しい酒」を日本語で披露

公開日: : ニュース

「奇跡のテノール」と称され、テレビや日韓合作映画「ザ・テノール 真実の物語」などで話題を呼んでいる韓国出身のオペラ歌手、べー・チェチョル(47)が、日本でのメジャーデビューアルバム「THE SINGER」を日本コロムビアから6月21日に発売するのを記念して19日、東京・渋谷区のBunkamuraオーチャードホールでスペシャルコンサートを開いた。

べー・チェチョル(その1)

「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称されながらも2005年10月、甲状腺がんであることが判明し、その摘出手術で声帯と横隔膜の両神経を切断。歌声に加え、右側の肺の機能まで失い、一時は声楽家としての道を絶望視されていた。しかし、多くの日本人ファンの支援のもと、翌2006年4月25日、音声外科医の世界的権威、京都大学・一色信彦名誉教授による甲状軟骨形成手術を受け、その後、厳しいリハビリによって見事、舞台復帰を果たした。

 開演前、「長年、いろいろなことがありましたが、今日は、心血を注いで作ったメジャーデビューCDの発売記念コンサートですので、気持ちも高まっていますし、日本の皆さまのためにも素晴らしいコンサートにしたい」と意欲満々。

べー・チェチョル(その2)

そこに、ファンの一人として人気マジシャンのMr.マリックが花束を持ってお祝いに駆けつけ、「3年前に初めて生で聴かせていただき、魂を揺さぶられたファンの一人として応援に来ました。これから復活した奇跡のノドで(観客の)魂を揺さぶっていただきたい」と激励し、CDジャケットの写真に写ったべーの喉元に布を通す魔術を披露して、べーを驚かせた。

会場には約2000人のファンが詰めかける中、同アルバムから「枯葉」(フランス語)をはじめ、「見上げてごらん夜の星を」(日本語)、「赤とんぼ」(日本語)、「ベサメ・ムーチョ」(スペイン語)、「ユー・レイズ・ミー・アップ」(英語)、アンコールで「グッドバイ・モーニング」(イタリア語)、「アリラン」(韓国語)など全11曲を熱唱。

べー・チェチョル(その3)

 その中で、同アルバムのレコーディングにも参加したギタリスト・アントニオ古賀がゲスト出演し、そのギター伴奏で美空ひばりの「悲しい酒」を日本語で魂を込めて歌い上げ、満員のファンをさらに感動させた。

 日本でのメジャーデビューについては「私は外国人ですし、日本で多くの方々に支持されてメジャーデビューさせていただけるのはそんなに簡単なことではないので、感謝の気持ちと感動でいっぱいです」と話していた。

 この後、7月19日に大阪・グランキューブ大阪でもCD発売記念スペシャルコンサートを開く。

同アルバムは、ライブでの定番曲を含め、有名曲を中心に全12曲で構成。どの曲も聴きごたえのある歌唱ぶりだが、なかでも日本語で歌う美空ひばりの「悲しい酒」は必聴の曲で、べー・チェチョルの魅力が最大限に詰まった作品になっている。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる