*

■べー・チェチョルが日本メジャーデビューCD発売記念コンサート。美空ひばりの「悲しい酒」を日本語で披露

公開日: : ニュース

「奇跡のテノール」と称され、テレビや日韓合作映画「ザ・テノール 真実の物語」などで話題を呼んでいる韓国出身のオペラ歌手、べー・チェチョル(47)が、日本でのメジャーデビューアルバム「THE SINGER」を日本コロムビアから6月21日に発売するのを記念して19日、東京・渋谷区のBunkamuraオーチャードホールでスペシャルコンサートを開いた。

べー・チェチョル(その1)

「アジアのオペラ史上最高のテノール」と称されながらも2005年10月、甲状腺がんであることが判明し、その摘出手術で声帯と横隔膜の両神経を切断。歌声に加え、右側の肺の機能まで失い、一時は声楽家としての道を絶望視されていた。しかし、多くの日本人ファンの支援のもと、翌2006年4月25日、音声外科医の世界的権威、京都大学・一色信彦名誉教授による甲状軟骨形成手術を受け、その後、厳しいリハビリによって見事、舞台復帰を果たした。

 開演前、「長年、いろいろなことがありましたが、今日は、心血を注いで作ったメジャーデビューCDの発売記念コンサートですので、気持ちも高まっていますし、日本の皆さまのためにも素晴らしいコンサートにしたい」と意欲満々。

べー・チェチョル(その2)

そこに、ファンの一人として人気マジシャンのMr.マリックが花束を持ってお祝いに駆けつけ、「3年前に初めて生で聴かせていただき、魂を揺さぶられたファンの一人として応援に来ました。これから復活した奇跡のノドで(観客の)魂を揺さぶっていただきたい」と激励し、CDジャケットの写真に写ったべーの喉元に布を通す魔術を披露して、べーを驚かせた。

会場には約2000人のファンが詰めかける中、同アルバムから「枯葉」(フランス語)をはじめ、「見上げてごらん夜の星を」(日本語)、「赤とんぼ」(日本語)、「ベサメ・ムーチョ」(スペイン語)、「ユー・レイズ・ミー・アップ」(英語)、アンコールで「グッドバイ・モーニング」(イタリア語)、「アリラン」(韓国語)など全11曲を熱唱。

べー・チェチョル(その3)

 その中で、同アルバムのレコーディングにも参加したギタリスト・アントニオ古賀がゲスト出演し、そのギター伴奏で美空ひばりの「悲しい酒」を日本語で魂を込めて歌い上げ、満員のファンをさらに感動させた。

 日本でのメジャーデビューについては「私は外国人ですし、日本で多くの方々に支持されてメジャーデビューさせていただけるのはそんなに簡単なことではないので、感謝の気持ちと感動でいっぱいです」と話していた。

 この後、7月19日に大阪・グランキューブ大阪でもCD発売記念スペシャルコンサートを開く。

同アルバムは、ライブでの定番曲を含め、有名曲を中心に全12曲で構成。どの曲も聴きごたえのある歌唱ぶりだが、なかでも日本語で歌う美空ひばりの「悲しい酒」は必聴の曲で、べー・チェチョルの魅力が最大限に詰まった作品になっている。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる