*

■山川豊が伊勢志摩サミット開催記念スペシャルイベントで三重県の魅力を語りながら新曲など披露

公開日: : ニュース

デビュー35周年記念曲「再愛(さいあい)/蜃気楼(しんきろう)の町から」(両A面シングル)=ユニバーサルミュージックから3月16日発売=が好セールス中の演歌歌手・山川豊(57)が9日、東京・日本橋の三重テラスで「海はもちろん、山も川も豊かな三重県『みえの国観光大使』山川豊〝ふるさと〟三重県の魅力を語りつくす!」と銘打ったG7伊勢志摩サミット開催記念スペシャルイベントを開いた。

山川-豊(その1)

「三重テラス」は、三重県のテーマ「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」をコンセプトに、三重の食、風土、歴史、伝統、文化など様々な魅力を伝える約1100商品を展開しているアンテナショップで、平成25年9月28日にオープン。その三重県で5月26、27日の両日、伊勢志摩サミットが開催されるが、それに合わせて同店では2月16日から5月26日までカウントダウンキャンペーンを実施。

山川-豊(その2)

この日は、三重県鳥羽市出身の山川をゲストに迎え、同じく三重県津市出身のフリーアナウンサー・山田真以(31)=現在、文化放送系「走れ!歌謡曲」火曜日パーソナリティー担当=の司会進行によるトークイベント&ミニコンサートを行うことになったもの。

前半は、「みえの国観光大使」も務める山川が「今日は、三重県を皆さま方にたっぷりと知っていただこうと思います」とあいさつし、司会進行役の山田と2人でトークイベントを行い、桑名、四日市、鈴鹿、津、松阪、鳥羽などの駅名をたどりながらその土地にちなんだ名産品や、伊勢神宮、熊野古道など近隣の観光スポットを紹介。小学生時代に写した兄弟(兄は鳥羽一郎)との秘蔵写真も披露しながら三重県の魅力を楽しく語り合った。

山川-豊(その3)

 後半は、山川豊によるミニコンサートでデビュー曲「函館本線」をはじめ、大ヒット曲「アメリカ橋」、前作シングル「螢子(けいこ)」、そして大好評の新曲「再愛」の全4曲を熱唱した。

司会を務めた山田は「三重県にはまだまだ寄り道ができるところがたくさんありますので、今日は語り尽くせなかったです。伊勢神宮に行くなら何を食べたらいいかという質問をよく受けますが、三重県にはおいしいものが多過ぎるほどありますし、本当にすてきなところですので、2泊とか3泊とかしながらゆっくりと楽しんでいただきたいですね」と話していた。

山川-豊(その6)

山川も「三重県には風景の美しいところがたくさんありますが、個人的には伊勢志摩の景色は絶景ですね。これを機に伊勢志摩はもちろん、三重県にたくさんの方に来ていただきたいと思います。三重県にはおいしいものがたくさんありますし、僕らが今日ご紹介したところはほんの一部ですので…。最近は若い旅行者も多いので、安くておいしいところを探してみたりしながらぜひ食べ歩きもしてみてください」と故郷・三重県の魅力をPRした。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる