*

由紀さおりが一夜限りのスペシャルライブ。日本の名曲カバーを熱唱。新曲「人生という旅」披露

公開日: : ニュース

1960年代の歌謡曲から厳選した名曲をカバーした最新アルバム「VOICEⅡ」=ユニバーサルミュージックから昨年9月10日発売=がロングセラー中の歌手・由紀さおり(67)が28日、神奈川・横浜市のモーション・ブルー・ヨコハマで「VOICE~スペシャルライブ in 横浜」と銘打った一夜限りのスペシャルライブを開いた。

由紀さおり(その1)

由紀さおり(その6)

「VOICEⅡ」は、彼女の美しいVoice(歌声)とコーラスをメインにしたサウンドで60年代~70年代の歌謡曲から厳選した名曲をカバーして2014年に発売したアルバム「VOICE」の続編で、「日本の歌謡曲には、先輩たちが残してくださったいい曲がたくさんありますので、それを生の音で聴いていただけるようなライブにトライしたいなと思ってここで歌わせていただくことになりました」として、この日のステージはそのVOICEシリーズからの選曲で構成。

由紀さおり(その2)

1000人を超える応募者の中から抽選で50人のファンが詰めかける中、「ラストダンスは私に」をはじめ、「四つのお願い」「街の灯り」「夜霧よ今夜も有難う」「黄昏のビギン」「知りたくないの」、アンコールで自身の大ヒット曲「夜明けのスキャット」など全14曲を熱唱した。

由紀さおり(その3)

 その中で、2月10日に発売するニュー・シングル「人生という旅」(「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」主題歌)も披露した。

由紀さおり(その4)

 2011年に発売した『1969』=米国のジャズオーケストラ、ピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム=では、60年代の名曲をカバー。世界各国で発売され、大ヒットしたが、「60年代の曲というのは、ボキャブラリーが豊かですし、女心を表現する言葉とメロディーの一体感が魅力ですね。日本語の言葉の裏側には、せつないいろんな思いが込められていると思って私は歌っているんですけれども、そこを想像して聴いてくださるのが難しい時代になっている。みんな映像で紹介してくれるから…。でも、人が想像していることって一つじゃない。自分が歌うことにとって百人の人が百通りの想像がかき立てられような歌唱を目指したいなと思っています」

由紀さおり(その5)

今回の「VOICE」というアルバムでは、「原曲をリスペクトしつつ私の世界により近づけるようなアレンジをしていただいて2枚のアルバムを出しましたが、そこをもっとアピールしたいなと思い、その一つのトライが今日のライブです。若い人たちに、『日本語って、こんなにすてき』ということを私の歌で伝えていけたらいいですね」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる