*

■福田みのるが地元・熊本市でクリスマス・ディナーショー。熊本城を訪れ、しゃちほこが設置された姿を見て大感激

公開日: : ニュース

徳間ジャパンコミュニケーションズ移籍第1弾シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(詞・かず翼、曲・田尾将実)がロングセラー中の演歌歌手・福田みのる(62)がこのほど、故郷、熊本・熊本市のレストハウス、STAR LIGHTでクリスマス・ディナーショーを開いた。

福田みのる(その1)

約150人の熱烈なファンが詰めかける中、「今日は、僕が生まれたこの熊本市でクリスマス・ディナーショーを開くことができてうれしいです。最後まで楽しんでいってください」とあいさつし、平尾昌晃さんが彼のために書き下ろした「人生はカーニバル」をはじめ、クリスマスソング「ホワイトクリスマス」、昭和のカバー曲から「時代」「六本木ララバイ」、オリジナルナンバーから「つくしんぼ」「大分~Oita~」「団塊世代」、それに最新曲「追憶はいつも雨」など全20曲を熱唱。

 先輩歌手の水前寺清子から「私と同じ熊本出身の福田くん。今日は一生懸命、ファンの方の前で歌ってください。私も陰ながら応援しています」というお祝いメッセージも届き、感激の福田は「熊本城もようやく復元してきましたので、それと共に僕も前向きに一歩一歩頑張っていきたいと思います。来年春には新曲を発売させていただく予定ですので、これからも皆さん、応援のほどよろしくお願いいたします」と語った。
 そして、そのディナーショーの前日には熊本城を訪れ、同城の小天守に「しゃちほこ」(幅38㌢、奥行き60㌢、重さ約70㌔)が設置されたのを見て、目を輝かせた。

福田みのる(その2)

 熊本地震から約3年7カ月ぶりに大小天守のしゃちほこ4体がそろい、地元の人はもちろん、観光客らも喜んでいるが、なかでも福田の喜びはひとしお。

というのも熊本市の人気観光スポット「水前寺公園」の近くに生まれ、幼いころから同公園を自分の家の庭のようにして遊んでいた彼には熊本城は特別な存在だったそうで、「熊本市民にとって、熊本城はまさに聖地とも呼べるところでして、その熊本城が地震で崩壊したときは悲しくてたまりませんでした。でも、こうして復旧工事が進む様子を見るたびに元気がわいてきます。ようやく大小天守4体の〝しゃちほこ〟がそろい、あと少しで元の姿に復元されると思うとワクワクしてきますね」と笑顔で話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる