*

■千葉一夫がデビュー40周年記念パーティー。師匠の作曲家・弦哲也さんのギターで20数年ぶりコラボも

公開日: : ニュース

作曲家・弦哲也さんの一番弟子となり、1980年8月5日「君に逢いたい」でキングレコードからデビューして今年で40周年を迎え、同記念シングル「この世にひとつ 愛の花」(詩・たかたかし、曲・弦哲也)=キングレコードから5月15日発売=が好調の演歌歌手・千葉一夫が7月21日、東京・錦糸町の東武ホテルレバント東京で「ありがとう おかげさま」と銘打った40周年記念パーティーを開いた。

千葉一夫(その1)

約300人のファンや音楽関係者らが詰めかける中、新曲「この世にひとつ 愛の花」と同カップリング曲「明日に一歩また一歩」を歌った後、「昭和55年にデビューして40年がたちました。歌謡界では、もんた&ブラザーズの『ダンシング・オールナイト』が爆発的ヒットしていたそんな時代に、ひっそりと地味にデビューしたのが千葉でございます(笑)。弦哲也先生(師匠の作曲家)から言われたことがあります。『千葉、おまえは、出だしは地味でも各駅停車で頑張れよ』。私は昔、鉄道員でしたので、『特急列車に乗らなくてもいいんじゃないか。特急列車じゃなくても、急行列車じゃなくても、快速列車でなくても、一駅一駅に停車して、停車する駅が多ければ多いほど大きな歌手になっていけばいいんじゃないか』と言われまして、その通りにやってまいりましたが、数多くの駅に停車してきたからこそこうして皆さんのような素晴らしい方々にめぐり会うことができた。だからこそ40年も歌ってこられたのではないかなと思います」とあいさつ。

千葉一夫(その2)

 その後、過去のシングル曲から「吉野川」「夢に咲く花」「犬吠埼にて」「相合傘」など全14曲を熱唱。
また、歌手仲間の柳澤純子と「東京・ソウル・ラブコール」(2011年、柳澤純子とのデュエットCDをキングレコードから発売)をデュエットしたり、先輩の演歌歌手・藤野とし恵もお祝いに駆けつけ、ステージに花を添えた。

千葉一夫(その3)

 その中で、師匠の弦哲也さんのギター伴奏=20数年ぶりのコラボ=で、同氏が石原裕次郎に提供して大ヒットした「北の旅人」を千葉が披露。弦さんから「いやぁ、よかったね。裕次郎さんは52歳で天国に旅立ち、今年が33回忌を迎えましたが、この『北の旅人』が最後の歌になってしまいました。裕次郎さんは『昭和の太陽』と呼ばれていた男ですが、千葉君もぜひ太陽のように温かく輝き続けてください。これからも皆さん、応援してください」と熱いエールを送った。

 そして、「ここまで来たら鈍行列車に乗って各駅停車で頑張るしかありません。でも、まだ終着駅は見えておりませんので、鈍行列車に乗って歌い続けていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
氷川きよし(その2)
■氷川きよしがプロ野球「東京ヤクルト×阪神戦」で始球式。新曲「大丈夫」と応援歌「東京音頭」も披露

デビュー20周年を迎え、同記念シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シ

三山ひろし&純烈002
■三山ひろしと純烈が一日限りのスペシャルライブ。昨年の紅白のステージを再現し、純烈もけん玉に挑戦

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那まつりで歌唱イベント。伊那市観光大使として地元ファンらの前で新曲など4曲熱唱

デビュー24年目を迎え、通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(

福田みのる(その3)
■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニ

水森かおり(その4)
■水森かおりが、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンとデュエット曲「笑顔で遠まわり」を3人で初披露

デビュー24年目を迎え、最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる