*

■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

公開日: : ニュース

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がロングセラー中の演歌歌手・福田みのる(62)が、8月4日に62歳の誕生日を迎えたのを記念して同日、東京・赤坂のシュビアバンケットでバースデーランチショーを開いた。

福田みのる(その1)

福田は、俳優業やミュージカルなど幅広い活動を経て、平成10年に念願の歌手デビュー。これまでのキャリアを生かし、朗々と歌い上げる歌唱力で多くのファンの人気を博している。

 これまでも毎年7~8月にバースデー企画としてのライブを行っているが、誕生日当日に開催するのは今年が初めてとのこと。

 会場には、全国から集まった約80人の熱烈なファンがお祝いに駆けつける中、派手なシャツにシルバーのベストというコスチュームで登場。

福田みのる(その2)

 前作シングル「人生はカーニバル」を歌いながらステージに上がると、大きな拍手が沸き起こり、「ちょうど今日の8月4日午前2時に生まれました。今日は全国から暑い中、お集まりいただき心から感謝しています。その気持ちを歌に込めさせていただきます」とあいさつ。

 続いてオリジナル作品から「紫川」「だから一緒に」「つくしんぼ」「団塊世代」などを歌唱。

 そして、「ステージでこんなに多くの楽曲をカバーするのは初めてで、大変苦労しました」と語りながらエルヴィス・プレスリーの「ブルー・ハワイ」をはじめ、坂本冬美の「また君に恋してる」、都はるみの「小樽運河」、千昌夫の「津軽平野」、チョー・ヨンピルの「釜山港へ帰れ」、オリジナル曲を提供された縁から平尾昌晃さんが作曲の布施明の「愛は不死鳥」、それに懐かしいポール・アンカの「ダイアナ」などを持ち前の歌唱力を生かして披露。

福田みのる(その3)

 後半は、ラメ入りのジャケット姿で、20周年記念曲となる新曲「追憶はいつも雨」、同カップリング曲「サヨナラ」、人気オリジナル曲から「駅」「大分」など、前半と合わせて全21曲を熱唱。

 恒例のダンスコーナーでは、多数のファンが客席から立ち上がってダンスに参加し、福田の歌に合わせて踊ったり、またスタッフからのバースデーケーキのプレゼントもあり、例年にも増しての楽しいバースデーライブとなり、最後まで大いに盛り上がった。

 福田は「お陰さまで新曲『追憶はいつも雨』が好調ですが、発売から2年を経て、この9月までには本人映像のカラオケが通信カラオケ・DAMに配信されることが決まりましたので、大ヒットを目指して歌っていきます。こからも小さなことからコツコツと頑張っていきますので、引き続きの応援をよろしくお願い致します」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる