*

■岩本公水がデビュー25周年を記念して3回目の銀座ライブ。洋楽やポップスナンバーにもチャレンジ

公開日: : ニュース

今年でデビュー25年目を迎え、最新シングル「片時雨」(キングレコード)がロングセラー中の演歌歌手・岩本公水(44)が7月13日、東京・銀座のライブレストラン「銀座ラウンジゼロ」で「岩本公水ライブ いつもと違うの歌っちゃうよ~!Ⅲ」と銘打ったライブを開いた。

岩本公水(その1)

 この銀座ライブは、今回が3回目で、日ごろのステージでは見ることができない内容で構成。昼夜2回ステージで、合わせて200席のチケットは早々に完売。

岩本公水(その2)

 毎回、新しいことにチャレンジしているステージでもあり、開演前から「スタートしたときは3回目もやらせていただけるとは思ってもいませんでした。今年はデビュー25周年という節目の年で、来月に新曲も出ますし、5月22日に「うたこまちⅡ」という25周年記念カバーアルバムも出させていただきましたので、いま25年で表現できる歌をしっかりとお届けしようと準備してきました。その25周年記念カバーアルバムの曲を中心に歌って、次の4回目のライブにつながればいいなと思っています」と意欲満々。

岩本公水(その3)

 100人の熱烈なファンで満席の中、セクシーで真っ赤なロングドレスを着て登場。ホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を歌ってオープニングの幕を開け、「幕が開いたほうがホッとしますね。始まる前は心臓がバクバクでした。いくら3回目といっても慣れることがなくて、いつも緊張しますし、どんなに年月を重ねてもただただ歌に一生懸命、まじめに向き合っている気持ちだけで25年という節目の年を迎えさせていただきました。こうしてたくさんのお客さまに来ていただけて、幸せな本当に有り難い時間です。今日は、皆さんとの時間を私自身も楽しみながら一生懸命つとめさせていただきます」と笑顔であいさつ。

岩本公水(その4)

続いて最新アルバム「うたこまちⅡ」から「愛は限りなく」「忘れな草をあなたに」、最近、YouTubeで聴いてはまったという西城秀樹の「ギャランドゥ」、モネの水彩画をイメージした着物に着替えてオリジナル作品から「涙唱」「雪の絶唱」「片時雨」、それに8月7日発売の25周年記念シングル「能取岬(のとろみさき)」など全14曲を熱唱。最後まで満員の客席を楽しませた。

岩本公水(その5)

25周年を迎え、「デビューから振り返ってみて、どの年よりもいま一番体調がいいですし、声も出るし、どんな歌にも挑戦できるような変な自信といいますか、変な希望にあふれています。自分自身の欲張りさ加減がとてもいい感じで、前に進みながら表現できていると思うので、怖がらずに進んでいきたい」と話していた。           (了)

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
三山ひろし&純烈002
■三山ひろしと純烈が一日限りのスペシャルライブ。昨年の紅白のステージを再現し、純烈もけん玉に挑戦

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那まつりで歌唱イベント。伊那市観光大使として地元ファンらの前で新曲など4曲熱唱

デビュー24年目を迎え、通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(

福田みのる(その3)
■福田みのるが62歳の誕生日に東京・赤坂でバースデーランチショー。多くのカバー曲にもチャレンジ

最新シングル「追憶(おもいで)はいつも雨」(発売・徳間ジャパンコミュニ

水森かおり(その4)
■水森かおりが、人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンとデュエット曲「笑顔で遠まわり」を3人で初披露

デビュー24年目を迎え、最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコ

山川-豊(その2)
■山川豊が「山川の日」にスポーツチャレンジシリーズで「サッカー」に初挑戦。1カ月間で4㌔減に成功

故郷・三重県を初めて舞台にした最新シングル「今日という日に感謝して」(

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる