*

■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

公開日: : ニュース

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」のハーフマラソンの部で見事、完走を果たした〃歌謡界のアスリート〃こと演歌歌手・山本あき(43)が6月16日、東京・蒲田のライブハウス「KAMATAぶらぶら」でマンスリーライブを開いた。

山本あき(その1)

2015年6月からスタートした毎月恒例のマンスリーライブも今回で49回目。同ライブでは、「演歌歌手・山本あき」から「キャサリン山本」に変身し、金髪&ラフなコスチュームでギターの弾き語りを交えながら「アコースティックな昭和歌謡」をコンセプトに、昭和の名曲カバーを多数、歌って毎回、多くのファンを魅了している。

 この日も熱狂的なファンで満席の中、「新しい令和の時代が始まりました。どんなに時が流れても私たちには色あせない歌があります。このライブのコンセプトでもある昭和歌謡は、新しい令和の時代がやって来たからこそ輝き続けるのです」と、自らのナレーションでスタート。

山本あき(その2)

 久保田早紀の「異邦人」で幕を開け、「この6月は、私のデビュー記念月ということもあって、今日は、うれしいことにアメリカからキャサリンが帰ってまいりました(笑)。令和の時代になり、改めて昭和歌謡の素晴らしさをしみじみ感じております。今日も昭和歌謡を何曲か歌いたいと思いますので、皆さんもご存じの歌がありましたら一緒に口ずさんでみてください」とあいさつし、昭和歌謡メドレーから「タッチ」「木綿のハンカチーフ」「銀座カンカン娘」「東京ブギウギ」の4曲を歌唱。

続いてアコースティックギターの弾き語りで「真夜中のギター」「圭子の夢は夜ひらく」「私は泣いています」「孤愁人」の4曲を披露。

山本あき(その3)

そして、毎回、お楽しみのジャンケン大会では、勝者たちにバッグや北海道みやげなどのプレゼントが贈られた後、後半はオリジナル作品から2006年6月21日発売のデビュー曲「哀しみ模様」をはじめ、「金沢わすれ雨」「大阪さみしがり」「男女川~みなのがわ~」「恋…一夜」、それに現在ロングセラー中の最新シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)を熱唱。

そして、アンコールで蒲田にちなんで「蒲田行進曲」を客席の人たち全員と一緒に歌って盛り上がり、全18曲のバラエティーに富んだプログラムで最後まで満員のファンを楽しませた。

この後、7月21日に同会場で50回目のマンスリーライブを開催する予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる