*

■「美空ひばり生誕祭」で生涯枚数売上げ1億枚突破を発表。アフリカの盆踊りに「川の流れのように」が採用

第7回日本レコード大賞受賞曲「柔」をはじめ、「川の流れのように」「悲しい酒」など数々の大ヒット曲を放ち、平成元年6月24日に亡くなった国民的歌手・美空ひばりさん(享年52)の「第82回 美空ひばり生誕祭」が5月29日、東京・台東区の浅草公会堂で開かれた。

美空ひばり生誕祭(その1)

1937年5月29日に神奈川・横浜市で生を受けてから今年で82年を迎え、今年もファン恒例の生誕祭を開催。

同生誕祭は、第1部が、ナビゲーターに生前から親しかった作家でコメンテーター・神津カンナ(60)を迎え、ひばりさんの名曲のレコードを聴くトーク&レコード鑑賞会、第2部がビデオコンサートという2部で構成。

約1000人の熱烈なファンが詰めかける中、最初にひばりさんの長男で、ひばりプロダクション社長・加藤和也さん(47)が登壇し、「令和になり、これからの日本がますます皆さまとともに元気になっていってくれたら、うちのおふくろもきっと喜ぶのではないかなと思います。今年でうちのおふくろは82歳になります。もし生きていたらどうなっていたか…。今年もすてきな企画やイベントをいろいろと考えていますので、皆さまと楽しい1年を過ごさせていただきたい」と笑顔であいさつ。

美空ひばり生誕祭(その2)

その中で、3つの新しい発表があり、1つ目は、ひばりさんの各作品の総売上げ枚数が、今年3月時点で1億1700枚(本)=レコード7000万枚、カセットテープ2650万本、8トラックテープ900万本、CD1150万枚=を超えたことを発表。ひばりさんが亡くなった平成元年時点の生涯売上げ枚数は9690万(本)で、2010万枚(本)も増加し、「皆さまが1枚ずつ買ってくださったお陰です。ありがとうございます。改めて数字にしてみると、うちのおふくろも頑張ったなと思います。本当に皆さまのお陰だと心から感謝しています」。

 2つ目は、アフリカ3カ国でアフリカ人たちと踊る「Bon for AFRICA」(アフリカ盆踊り)で使用される楽曲に、売上げランキング1位(累計205万枚)の「川の流れのように」が採用されることが決まったことを発表。その発起人で振付を担当する日本舞踊家・孝藤右近、楽曲アレンジを担当するDJ KOOの2人も駆けつけ、孝藤は「ひばりさんの曲は人を幸せにすると感じて、加藤社長にお願いして今回の企画が実現しました」、DJ KOOは「アフリカの皆さんをひばりさんの歌声で、そして令和の新しいアレンジでおもいっきり踊らせたい」と意気込みを語った。

美空ひばり生誕祭(その3)

3つ目は、終生にわたってひばりさんの付き人を務めてきた関口範子さんが書いた本「美空ひばり恋し お嬢さんと私」(主婦と生活社刊)が出版されたことを告知した。
 没後30年を迎え、加藤さんは「1億枚を超えたのは、平成生まれの若い方たちが美空ひばりを知ってくださったのがその枚数につながっているのではないかなと思います」と話していた。

その「川の流れのように」が、EP、8㌢CD、カセットテープ、12㌢MAXI CDの4形態で、それにスペシャルBOXが加わり、日本コロムビアから5月29日に発売。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

クミコ(その2)
■クミコが原点のシャンソニエで、大反響の詩「七日間」と書籍から誕生した純愛のうた「妻が願った最期の『七日間』」を披露

銀巴里が生んだ最後の歌姫として5年ぶりにリリースしたシャンソンフルアル

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる