*

■兄弟デュオ、ビリー・バンバンが50周年記念コンサート。浜口庫之助夫人・真弓さん、せんだみつお、石坂浩二らがお祝いに

1969年、大ヒット曲「白いブランコ」でデビューして今年で50周年を迎えた兄弟によるフォークデュオ、ビリー・バンバン=兄・菅原孝(74、ボーカル)、弟・菅原進(71、ボーカル&ギター)=が5月12日、東京・千代田区の東京国際フォーラム・ホールCで「50th Anniversary~50年分のありがとう~」と銘打ったコンサートを開いた。

ビリー・バンバン(その1)

2014年、弟の進が大腸がんの手術を受け、同じ年に兄の孝が脳出血で倒れるという立て続けの不運に見舞われたが、翌年には二人そろってステージに復帰。

そんな大病を乗り越え、元気になって50周年を迎えた記念すべきこの日のステージが始まる前、孝は「このコンサートを通じて、ビリー・バンバンは元気にやっているということをたくさんの方に知っていただきたい」、進は「いまから5年前、同じ年に2人とも大病を患い、これでもうビリー・バンバンも終わりかなと思ったこともありましたが、こうして元気に歌ってこられたことが何よりもうれしいです」と笑顔を見せながら孝は「今日はいいステージができたらいいなあ。弟がいるから大丈夫ですよ」、進は「今日は楽しいステージをやりたい」と大張り切り。

ビリー・バンバン(その2)

 会場にお祝いに駆けつけた彼らの師匠でもある故作曲家・浜口庫之助さんの妻・浜口真弓さんは「私は、主人と結婚する前からビリー・バンバンのファンでした。主人はお二人のことを『ムードが僕に似ている』と言っていました」。初代メンバーで、タレント・せんだみつおは「(ビリー・バンバンとの付き合いは)17歳のときからもう54年になります。ずっと2人にくっついていたから芸能界でデビューできたいんですよ」と、当時を懐かしそうに振り返った。

ビリー・バンバン(その3)

 約1500席の会場は、往年のファンらで満席(チケットは完売)の中、「白いブランコ」をはじめ、「ミドリーヌ」「れんげ草」「また君に恋してる」などアンコールを含めて全22曲を熱唱。
 途中、孝の次男でギタリスト・菅原弾二郎がギターで参加して、浜口さんの大ヒット曲から「粋な別れ」「バラが咲いた」などを披露。

ビリー・バンバン(その4)

 また、彼らの大ヒット曲「さよならをするために」(1972年2月発売)の作詞者で俳優・石坂浩二(77)がサプライズゲストとして駆けつけ、石坂は「この曲は、テレビドラマ『3丁目4番地』の主題歌で、坂田晃一さんからいただいたメロディーに僕が初めて詞をつけました」と話し、菅原は「この曲によって僕らは助けられたね」、進は「この曲がヒットしなかったら解散でしたね」と言って同曲を一緒に歌うシーンもあり、アンコールの最後は、客席で見ていたミュージシャンのミッキー吉野、杉田二郎、因幡晃、声優・日高のり子らがステージに上がり、せんだがパーカッションで参加して「白いブランコ」を全員で大合唱。

孝は「僕は死ぬまでこの病気を自分の友だちにして生きていきたい。これからもビリー・バンバンを応援してください」と目を輝かせていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

クミコ(その2)
■クミコが原点のシャンソニエで、大反響の詩「七日間」と書籍から誕生した純愛のうた「妻が願った最期の『七日間』」を披露

銀巴里が生んだ最後の歌姫として5年ぶりにリリースしたシャンソンフルアル

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる