*

■新川二朗がデビュー55周年記念ディナーショー。五月みどり、山川豊、島津悦子ら350人がお祝いに

公開日: : 未分類

キングレコードから5月25日に63枚目のニュー・シングル「泣かせ酒」(詞・仁井谷俊也、曲・水森英夫)=デビュー55周年記念曲=を発売したベテラン歌手・新川二朗(76)が25日、東京・台東区の浅草ビューホテルでデビュー55周年記念ディナーショーを開いた。

新川二朗(その1)

石川県志雄町で生まれ、高校卒業後、レジャー施設「金沢ヘルスセンター」で歌っているところを歌手・村田英雄にスカウトされ、1962年12月「君を慕いて」でキングレコードから歌手デビュー。

1964年7月発売の「東京の灯よいつまでも」が約140万枚の大ヒットを記録し、同年の「第15回NHK紅白歌合戦」に初出場。一躍スターダムにのし上がり、毎日忙しい日々を送ってきたが、デビューして以来、一度も仕事を休んだことがなく、現在も元気いっぱいに第一線で活躍中だ。

新川二朗(その2)

 そんな彼の55周年の節目を記念して開かれたディナーショーで、350人のファンや関係者らが詰めかける中、五月みどりをはじめ、山川豊、島津悦子、西尾夕紀、さくらまやら芸能人もお祝いに駆けつけた。

 その中で新曲「泣かせ酒」を熱唱し、「まさか55年も歌ってこられるとは思ってもいませんでしたが、55年はあっという間でした。今度の新曲は、発売して間もないのですが大変な反響でして、富山県や石川県、沖縄など全国各地で多くの方々にカラオケで歌われています。誰にでも歌えるようなメロディーがいいのだと思います。島津悦子さんが『新川さん、これは絶対売れますよ』と言ってくれました」とニッコリ。

新川二朗(その3)

 ディナーショーでは、新曲をはじめ、同カップリング曲「風だより~デュエット編~」(前田俊明とデュエット)、代表曲「東京の灯よいつまでも」など全11曲を熱唱。同じレコード会社の後輩歌手・島津悦子とのデュエット曲「金沢の灯よいつまでも」も披露するなど、最後まで満員の客席を楽しませた。

 今度の新曲にかける意気込みはひとしおで、「感情を込め過ぎて歌うとつまらなくなるので、メロディーをたんたんと歌っています。そうすれば自然と歌詞が聴き手に伝わると思います。『東京の灯よいつまでも』もたんたんと歌って大ヒットしましたが、その曲と同じ感覚をこの新曲に持ちました。とにかく10万枚を目標に頑張って歌っていきたいですね。素晴らしい新曲をいただいたので、生きている限りはもう一回だけヒットを出したいという思いは消えません」と話していた。

新川二朗(その4)

 また、今日まで公表していた生年月日「1942年(昭和17年)11月2日」を、実際の戸籍通りの「1939年(昭和14年)11月2日」に変更することになったことを正式発表。「別に隠していたわけではなくて、デビューしたときに3歳サバを読もうということになり、気がついたらそのまま来てしまいました」と笑顔を見せていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる