*

■大城バネサが「テコンドー・リオ五輪壮行会」で濱田真由選手に応援ソングの新曲を披露

公開日: : ニュース

今年4月20日発売の「逢いたい島(じま)」(発売・ビクターエンタテインメント)がロングヒット中のアルゼンチン生まれの日系アルゼンチン2世演歌歌手・大城バネサ(34)が29日、岐阜・羽島市の羽島市文化センター・スカイホールで開かれた「テコンドー・リオ五輪壮行会」で、6月22日発売の新曲「伝えたい」(詞・青山るみ、曲・浅野佑悠輝)、「情熱!テコンドー」(詞・青山るみ、曲・阿部靖広)=両曲とも「全日本テコンドー協会公認ソング」=を披露した。

大城バネサ(その1)

壮行会には、テコンドーでリオデジャネイロオリンピック日本代表に選ばれた濱田真由選手(22)が招待。現在、岐阜・羽島市では「テコンドーの街 羽島」を目指して活動しており、壮行会には、同市在住で、テコンドー選手の応援、テコンドー競技人口の増加を願ってオリジナル応援ソングを歌っている大城が、同新曲で濱田選手を激励することになったもの。

 初代の「羽島市観光大使」も務める大城は、約1200人の市民らが濱田選手の応援に駆けつける中、現在ヒット中の「逢いたい島」をはじめ、5万枚突破のヒットを記録したビクターエンタテインメント移籍第1弾シングル「俺の漁歌」、新曲「伝えたい」、同「情熱!テコンドー」など全7曲を熱唱。

大城バネサ(その2)

 新曲では、濱田選手を心から応援したいという気持ちを込めながら歌い、「『伝えたい』は、夢を持って生きていたらきっと夢は叶うという歌です。迷っている人や悩んでいる人が聴いてくださったら、夢に向かってまっすぐ進んでいけるような応援歌です。そしてもう1曲の『情熱!テコンドー』は、いままでテコンドーで頑張ってきた汗と涙の結晶を一瞬で出し切ってやるぞーという情熱的な歌です。濱田選手には、この歌を聴きながらぜひ金メダルを獲っていただきたいなと思います。金メダルを目指して、ぜひ頑張ってきてください」と話していた。

大城バネサ(その3)

その応援歌を聴いていた濱田選手は「聴いているだけでパワーが湧いてくる曲ですので、この曲を携帯に入れてリオに行き、金メダルを目指して頑張ってきます」と勝利を誓った。

前作シングル「逢いたい島」は、沖縄音楽ダウンロードランキング「沖縄ちゅらサウンズ」で4月のリリース週から4位にランクインし、2カ月たった現在もトップ10内にランクイン。沖縄県公認「美ら島(ちゅらしま)沖縄大使」も務め、沖縄を中心にブレーク中だ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる