*

2013年10月上旬の注目演歌新曲情報|明日の演歌

10月は新曲演歌の発売が多い!

今回は4日から18日までに発売された注目シングルたちを紹介!

「じょんからロック」花園直道

201310250005

日本舞踊の枠を超えた新進気鋭のアーティストとして活躍中の、若き舞踊家。津軽三味線とロックを大胆に融合させた、迫力のある曲!カップリングの『直道の「仰げば尊し」』など、パフォーマンスの幅の広さが魅力です。

 「君の住む町で」北川大介

201310250008

一度は離れたものの、二人で暮らすために列車で“君の住む町”へ帰ってきた男性がテーマ。石原裕次郎さんに憧れを抱く北川さんらしい、男らしくも優しい愛の歌です。

 「男っちゅうもんは」吉幾三

201310250007

前作「その昔」から約1年4ヶ月ぶり、待ちに待った吉さんの新曲です!傷つき、つまづきながら、それでも前を向いて世の中を生きていく、それが男というもの。吉さんの渋いかっこよさがぐんと引き立った楽曲です。

「こんな女のブルース」佳山明生

201310250004

「泣きながら夢を見て」が人気の佳山明生さん。今回の楽曲はちょっとコミカルな表現で女心を歌ったムード歌謡!「こんな女にしたのは誰」と、哀愁溢れる表現が印象的です。

「十三みれん」金沢明子

201310220001
青森県の津軽平野北部に位置する「十三湊(とさみなと)」を舞台に、来ては出て行く海の男に恋した女性の心模様を表現しています。
民謡「ひえつき節」を大胆にリミックスしたカップリング曲「Hietsuki Bushi」は、携帯で演歌スタッフが大絶賛。他の記事でその魅力を熱く語っています!!→【こりゃすごい!金沢明子さんの「Hietsuki Bushi」は鳥肌十分のインパクトだった…!】

「恋する大阪」川中美幸&水谷千重子

201310250001
なにわ演歌のヒット曲も多い川中美幸さんと、芸歴40年・水谷千重子さんのデュエット曲。水谷千重子さん、よーーーーく見ると(?)、人気お笑い芸人の友近さんにそっくりですよ。今回の楽曲は、明るくかわいらしい浪花演歌。二人の息もぴったりです♪

 「愛染桜」あさみちゆき&アルバム「あさみのうたIX~日本・春夏秋冬」

201310250002 201310250003
今回の楽曲は、嫁ぐ前夜の娘の気持ちをしっとりと歌っています。
あさみさんといえば、ギター片手に…というイメージが強いですよね。同時発売のアルバム「あさみのうたIX~日本・春夏秋冬」には、「愛染桜」のアコースティック・バージョンが収録されていますよ。

 新曲購入は、携帯で演歌で!

10月上旬発売の楽曲、いかがでしたか?10月下旬も演歌がたくさん発売されます!
そして、上記の楽曲は、もちろんすべて【携帯で演歌】で好評配信中!
ぜひサイトに遊びに来てくださいね~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる