*

「 渥美二郎 」 一覧

■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災チャリティーコンサート「人仁(にんじん)の会」が18日、東京・杉並区のセシオン杉並で開かれ、渥美をはじめ、鏡五郎(75)、角川博(

続きを見る

■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

2019/02/13 | ニュース

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・千寿二郎、発売・日本コロムビア)が7アーティストの競作になり、ロングヒット中の演歌歌手・渥美二郎(66)が2月5日昼夜2回、東京・

続きを見る

■渥美二郎の「涙色のタンゴ」カラオケ大会&競作仲間コンサート。扇ひろ子、ニック・ニューサ、吉川精一ら7人の歌手が競作

昨年5月24日に演歌道50年記念曲として発売された渥美二郎(66)の自作曲による最新シングル「涙色のタンゴ」(詞・桜井幸介、曲・千寿二郎、発売・日本コロムビア)が、いまカラオケファンの間で盛んに歌われ

続きを見る

■叶やよいがビクター移籍第1弾「涙色のタンゴ」発表イベント。作曲者・渥美二郎とデュエットも披露

北海道小樽市出身で、 地元・小樽で絶大な人気を誇る演歌歌手・叶やよい(年齢非公表)が、ビクターエンタテインメント移籍第1弾シングル「涙色のタンゴ」(詞・桜井幸介、曲・千寿二郎)を8月15日に発売したの

続きを見る

■渥美二郎が主宰する「人仁の会」で、角川博ら全9人の歌手が震災チャリティーコンサート。第24回は約137万円寄付

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(65)が主宰し、今年で24回目を迎える震災チャリティーコンサート「人仁(にんじん)の会」が6月27日、東京・杉並区のセシオン杉並で開かれ、渥美をはじめ、浅田あつこ(46)、

続きを見る

■渥美二郎が東京・浅草公会堂で40周年記念コンサート。ギター、マンドリン、ピアノも披露。40年の集大成を

2016/06/24 | ニュース

自ら作詞・作曲した最新シングル「奥の細道」(詞曲・千寿二郎、発売・日本コロムビア)がロングセラー中の演歌歌手・渥美二郎(63)が22日昼夜2回、東京・台東区の浅草公会堂でデビュー40周年記念コンサート

続きを見る

【新曲情報】渥美二郎「奥の細道」

2014年12月17日、渥美二郎さんが新曲を発売! 作詞:千寿二郎  作曲:千寿二郎 商品番号:COCA-16957 カップリング:「千住ブルース」 松尾芭蕉の奥の細道の句を渥美二郎さんな

続きを見る

【動画】演歌歌手がJ-POPをカバー!細川たかし&西尾夕紀の見事なカバーを聴け!

様々な演歌歌手がカバーしたJ-POPを集めたコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』。演歌歌手の圧倒的な歌唱力と表現力をもって歌われる楽曲は、どれも素晴らしいの一言です。まさに“演歌の力”を実感する

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる