*

■神野美伽がデビュー35周年コンサートツアーファイナルを東京・新宿文化センターで。ロックテイストの昭和の名曲カバーも披露

公開日: : ニュース

 昨今は、米・ニューヨーク公演や国内外のロックフェスなどにも出演し、演歌の可能性を追求しながら精力的に活動中の演歌歌手・神野美伽(53)が10月29日、東京・新宿区の新宿文化センターで「MIKA SHINNO FEST.」と銘打ったデビュー35周年コンサートツアーのファイナル公演を行った。

神野美伽(その1)

今年3月の大阪を皮切りに全国20カ所で開催してきた同記念ツアーもこの日がファイナルを迎え、「この日をとても楽しみにしていました。朝起きたら素晴らしいお天気で、雲一つなくて、ああ、いまの私の気持ちと一緒だなと思いました。今回は曲数を多く構成したので、目いっぱい歌いますが、楽しいだろうなという感じです。演奏のほうは、それぞれの場面でフェスをやってきたり、ジャズクラブでやってきたりしている信頼してメンバーなので、(どんなサウンドになるか)すごく楽しみです。アドリブの多い演奏なので歌っていて楽しいですし、今日しかない歌を歌えるのは、歌手としてとても幸せですね」と大張り切り。

会場は、約1800人の熱烈なファンで満席の中、「男の海峡」でオープニングの幕を開け、「男船」「カモメお前なら」「春夏秋冬屋形船」「浮雲ふたり」「雪簾」、新曲「いちから二人」、前作シングル「千年の恋歌」など、デビュー曲から新曲までを次々と歌唱。

 途中、古市コータロー(ギター)、クハラカズユキ(ドラムス)、青木ケイタ(サックス&フルート)のミュージシャンとのコラボで「石狩挽歌」「あなたのブルース」「恋の季節」などをロックテイストたっぷりのアレンジと歌でエネルギッシュに披露。

神野美伽(その2)

 後半は、市川昭介氏が作曲した都はるみメドレーから「涙の連絡船」「惚れちゃったんだョ」「好きになった人」、それに昭和の名曲「無法松の一生(度胸千両入り)」など全33曲を熱唱し、最後まで見ごたえ十分のステージで満員のファンを魅了した。

 今年は、「千年の恋歌」と「いちから二人」の2枚のシングル(ともに作詞・荒木とよひさ、作曲・弦哲也)をリリースしたが、「同じ先生方に作っていただいたとは思えないぐらいタイプの違う2曲で、しっかりとした演歌をいまあえて歌っておきたいと思って発売させていただきました。今年は、自分でも信じられないぐらいアクティブに動いた年でした。春はずっとアメリカに行っていたし、帰って来てすぐに春のフェスがあり、このツアーを回り始めて夏フェスやジャズクラブとかがあって、だからこそあえて、しっかりとした演歌をリリースしたいと思っていたんです。その通りのものを弦先生ととよひさ先生に作っていただいて、もうこれ以上の幸せはありません。いま53歳になったんですけれど、人生の中で一番興奮したのが、今年春の『サウス・バイ・サウスウエスト』(世界最大級の音楽イベント)に出演したことです」。

神野美伽(その3)

 また、40周年に向けて「あと5年たてば、歌う場所、自分のスタイルは変わっていると思うので、また新しいオーディエンスを求めて変わっていきたいですし、いま以上に歌える場所、聴いてくださる方を増やしていきたいと思っています。来年の目標? ライブハウスで、演歌はもちろん、ジャンルを問わず歌っていきたいというのが、いまの大きな目標です」と話していた。

 11月28日から12月2日まで、東京・両国のシアターXで上演される芝居「蛍│お登勢と龍馬│」に〝寺田屋お登勢役〟で特別出演。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる