*

■「演歌男子。浴衣ナイト」で純烈、はやぶさら全6組のイケメンたちが浴衣姿でJーPOPのカバー曲などを熱唱

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が主催する真夏のビッグイベント「大鵬薬品スペシャル『演歌男子。LIVE2018』が7月18日昼夜2回、東京・台東区の浅草公会堂で開かれた。

演歌男子。浴衣ナイト(その1)

演歌・歌謡界のイケメン歌手たちが一堂に会して開催される今年で5年目を迎える音楽イベントで、昼の公演は「執事たちの音楽会」と題して、純烈=酒井一圭(43)、後上翔太(31)、白川裕二郎(41)、友井雄亮(38)、小田井涼平(47)=、はやぶさ=ヒカル(31)、ヤマト(24)=、パク・ジュニョン(36)、川上大輔(33)、真田ナオキ(28)、中澤卓也(22)の全6組のアーティストたちが。約1000人のお嬢様たち(女性ファン)を存分に楽しませた。

そして夜の公演は、同6組のアーティストたちが、執事姿とはガラリと趣を異にし、「浴衣姿」になって、「夏に浴衣で歌いたい楽曲」として演歌男子。たちが自らセレクトした、ふだんなかなか聴くことができないJ-POP中心の選曲で構成。

 約1000席の会場は、熱烈なファンで満席の中、猛暑を吹き飛ばすかのような涼しげな浴衣を着た11人のイケメン歌手たちが勢ぞろいし、中澤は「夜も精いっぱい歌わせていただきますので、皆さん、最後までよろしくお願いいたします」、真田は「夜の部のほうが生地が薄いので、すごく涼しいです(笑)。これから楽しんでいきたいと思います」、川上は「夜の部も盛り上がっていきましょう」、パクは「(浴衣姿は)すごく夏を感じますね。花火を見に来たような気持ちで楽しんでいってください」、はやぶさのヤマトは「浴衣に着替えて、夏らしい雰囲気できました。皆さんと一緒に最後まで楽しい時間を過ごしたいと思います」、同・ヒカルは「大好きな先輩方や後輩の皆さんと一緒に過ごせて幸せです」。

演歌男子。浴衣ナイト(その2)

そして、純烈の白川は「(夜の部も)純烈の5人、力を振り絞っておやじパワーで頑張っていきたい」、同・後上は「浴衣のお客さんもちらほらいらっしゃいますが、精いっぱい夏を感じて一緒に楽しい時間を過ごしていきましょう」、同・友井は「今日という日は今日しかないので、楽しんでいってください」、同・小田井は「演歌男子。ですが、僕はもう47歳ですよ。最後まで皆さん、バテないで頑張っていきましょう」、同・酒井は「素晴らしい魅力のある歌い手さんに集まっていただきましたので、1部にも増して2部も…熱量は同じで、ガツンといきたいと思っております」とあいさつ。

 夏に浴衣で歌いたい曲から純烈が、SMAPの「SHAKE」、中澤が、T.M.Revolutionの「HOT LIMIT」、はやぶさが、オヨネーズの「麦畑」、真田が、桑田佳祐の「波乗りジョニー」、パクが、TUBEの「シーズン・イン・ザ・サン」、川上が、サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」をカバー。

 続いて、「ファンが選ぶ! 演歌男子。に歌ってほしい曲リクエスト1位」から中澤が「心変わり」、真田が「HAMAでダンスを」、川上が「君は僕の半分」、パクが「さよならは言わせない」、はやぶさが「さよならモード」、純烈が「しのび哀」を熱唱。

 エンデイングは、出演者全員で、「演歌男子。」5周年に向けて制作されたオリジナル曲で、シンガー・ソングライターの堂島孝平が作詞・作曲=振付は、純烈の友井が担当=した「今日の日をずっと」を歌い、全13曲のプログラムで最後まで満員の客席を楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる