*

多岐川舞子 デビュー25周年記念リサイタル開催! あの人もゲストに!?

25周年記念リサイタル「ありがとう25年。変わらぬ艶歌、魅せます!!!~」

多岐川舞子さんが11月15日、東京・日本青年館でデビュー25周年記念リサイタル「ありがとう25年。変わらぬ艶歌、魅せます!!!~」を開きました。

多岐川舞子25周年記念リサイタル

1989年5月にデビューしてから25年。歌手としての足跡をたどる曲構成です。
同じレコード会社・日本コロムビアの先輩で、8日に亡くなった島倉千代子さんとはデビュー当時から親交があったそうです。何度もステージに立たせてもらったほか、食事に誘ってもらったり、着物をプレゼントされたりするなど可愛がられ、約20年前には“娘認定証”をもらったほどだとか。
「偉大な先輩でした。今日は島倉さんへの哀悼の意と感謝の気持ちを込めて歌います」と語りました。

多岐川舞子25周年記念リサイタル

スペシャルゲストは、ギャランティーク和恵

途中、スペシャルゲストとして、ギャランティーク和恵が登場。13日に発売した、ギャランティーク和恵とのデュエット曲「恋のダブルブッキング」をノリノリで熱唱しました。

多岐川舞子25周年記念リサイタル・ギャランティーク和恵とデュエット

デビュー曲「男灘」から、25周年記念曲第1弾「北の雪船」、そしてリサイタル当日に発売された第2弾の新曲「出雲雨情」まで、全23曲を熱唱しました。

「北の雪船」「出雲雨情」「恋のダブルブッキング」など最新曲をはじめ、多岐川舞子さんの楽曲の数々を「携帯で演歌」で配信中です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる