*

水雲−MIZMO−が、待望のセカンドシングル「みれん節」をリリース。7月23日にはOBCラジオ大阪のレギュラー放送の初の公開録音イベントも決定!

公開日: : ニュース

6月13日、水雲−MIZMO−が、待望のセカンドシングル「みれん節」をリリース。その発売日当日に、大阪・おおとりウイングスにて、およそ400人の観客を前に、インストアライブを行った。会場となっている1階中央広場には、開始30分前の時点ですでに多くのファンや見物客が待機。水雲−MIZMO−の登場を待ちわびた。

Mizmo-FC4P-omote-ol

 司会者の紹介とともに「みれん節」のオープニングが流れ、NAO、AKANE、NEKOの3人が登場。AKANEのメロディーを中心に、独特のハーモニーを響かせて会場を魅了した。歌い終わると、NAOが「昨年、『帯屋町ブルース』でデビューしました、水雲−MIZMO−です! 新曲の発売日に、ラジオのレギュラーをさせていただいている大阪で、新曲発表イベントができてとてもうれしいです!」と話し、自己紹介代わりにアカペラで「兄弟船」を披露。圧巻の歌声に会場からは感嘆の声が漏れた。続く「帯屋町ブルース」の歌唱の後、一人ずつ自己紹介。NEKOが「ハロー!」と、早口の英語で話し始めるとAKANEが「ちょ、ちょ、ちょっと!」と引き止め、耳打ち。NEKOは一転、「まいどおおきに!」と満面の笑みで関西弁のあいさつ。「本当にこんなにたくさん集まってくださって、Very Happyです!(NEKO)」「歌詞の通り『やってきました大阪へ』ということで、この日を本当に楽しみにしていました!(AKANE)」「ラジオやテレビに出させていただく機会も増え、カバー曲もたくさん歌うようになりました。今日は、水雲−MIZMO−を知ってもらうために、たくさん準備をしてきたので、ぜひ、楽しんで帰ってください!(NAO)」。

DSC_0799

カバー曲として「黄色いさくらんぼ」を振り付きで披露。そして新曲のカップリング曲「まごころ街道」を、NEKOが創作した振り付けを交えて、歌い聴かせた。「日本語を勉強中なのですが、特に好きな言葉が『一期一会』なんです。このステージに立たせていただけている事が幸せです。本当にありがとうございます。これからまた3人力合わせてがんばります(NEKO)」「小さい頃から演歌歌手を目指していたので、デビューできて嬉しい。私たちの歌声で、元気や夢を届けられるよう歌っていきたいです。『みれん節』は、男性でも歌えるパワフルな曲になっていますので、ぜひ覚えて歌ってみてください!(AKANE)」「もう残すところあと1曲となって、名残惜しいのですが……、ラジオ(※注釈1)が毎週水曜日に放送されるので、ぜひ聴いてください!(NAO)」ラストには再び「みれん節」を披露、会場が熱気に包まれた。今作は、コーラスアレンジをすべてNAOが担当。さらにCDには、NAOとNEKOの高音・低音の2声コーラスのカラオケが収録されています。

DSC_0755

主旋律を歌うと「マイ水雲−MIZMO−になれます!(NEKO)」というスペシャルな仕上がりとなっている。イベント終了後は、CD購入特典として、握手・サイン会と、水雲−MIZMO−との4ショット撮影会が行われた。
イベント前のインタビュー取材で、「みれん節」を聴いた第一印象を聞くと、「水森(英夫)先生が、サビの部分を鼻歌で歌ってくださったときに、『うわぁ!歌ってみたい!』と思って感動しました(NEKO)」「懐かしさとともに、サビに向かうところ勢いや、『なんで なんで なんで』のインパクトがあって、水雲−MIZMO−にぴったりだなと(AKANE)」「別れた人を追う切なさと、水雲−MIZMO−の歌声のギャップが面白い。歌うほどに、どんどん水雲−MIZMO−らしさが出てきている曲(NAO)」とそれぞれに語った。今回は、水森氏の提案でコーラスアレンジを手がけたNAO。「師匠の作品に手を加えるのは、嬉しくもあり、プレッシャーもあって葛藤があった」というが、出来上がりには、AKANEもNEKOも大満足で、パワフルさと可愛らしさがうまく調和できているNAOの発想に感銘を受けていたよう。最後に、今作の抱負を3人に聞いた。「自分で何度聞いても、心にしみるというか素晴らしいなと感じるので、たくさんの方々に聴いていただきたいし、海外にも持っていきたい(NEKO)」「メロディーが覚えやすいので、男性を追う歌ですが、男性でも女性でも歌えると思うので、楽しんで歌ってもらえたら(AKANE)」「この曲をきっかけに、3人でコーラスで歌ってること、新しい衣装を着ていること、振り付けをしてることなどを入り口に、いろんな世代の方に聴いてもらえる楽曲になっていったら(NAO)」

DSC_0770

※注釈1ラジオ大阪「イマうた 水曜 水雲です」(17:15〜毎週水曜日放送中)

水雲-MIZMO-レギュラー番組「イマうた 水曜 水雲-MIZMO-です」公開録音
日時:2018年7月23日(月)13:00スタート
場所:OBCカルチャーサロン
(大阪市港区弁天町 大阪ベイタワー ベイタワーウエスト5階)

ペア30組60人のリスナーを無料招待

参加方法:おハガキでのご応募のみ
郵便番号552-8501 ラジオ大阪 イマうた 公開録音の係りまで
※お一人で参加という方は【一人参加】と記載ください
7月13日(日)到着分まで有効
当選者の発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。

詳細はこちら
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ 水雲-MIZMO-

(株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる