*

■水城なつみがデビュー5周年記念コンサート。先輩歌手・千葉一夫が応援に。都内では初のワンマンコンサート

公開日: : ニュース

6枚目の最新シングル「帰って来やれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・水城なつみ(23)が2月23日、東京・江東区の亀戸文化センター・カメリアホールで「勇往邁進」と題したデビュー5周年記念コンサートを開いた。

水城なつみ(その1)

キングレコード歌謡文化アカデミー(KBA)の2012年度グランドチャンピオンを受賞したのをきっかけにデビューした実力派だが、都内では初のワンマンコンサート。

サブタイトル「勇往邁進」は「目標に向かって恐れずにまっしぐらに突き進むこと。その意味を知ったとき、いまの私にぴったりだと思った」という彼女が自ら付けたもので、「この5周年記念コンサートで、少し成長した姿とこれから前に向かっていく姿を皆さんに感じていただけるようなステージをお見せしたい」と大張り切り。

水城なつみ(その2)

 約350人の熱烈なファンが詰めかける中、新曲「帰って来やれ」でオープニングの幕を開け、「ついにこの日がやってまいりました。1曲目から『なつみちゃん』『なつみちゃん』と、大きなかけ声をいただき、泣きそうになるのをぐっとこらえて、こらえて…。地元のつくば(茨城・つくば市)では何度かコンサートをやらせていただいていますが、都内では初めてのコンサートということで楽しみにやってまいりました。本番が近づくにつれてだんだん緊張してきて、きのうの夜も眠れなくて何度も起きてしまいました。でも、いまこうして皆さまに温かく迎えていただいて、とてもほっとしています。貴重なお時間をくださいました皆さまにすてきなお時間を過ごしていただけますよう心を込めて歌います」と笑顔であいさつ。

2月21日発売のカバーアルバム第2弾「ウタツグミⅡ」に収録のアルバム新曲「納豆音頭」をはじめ、同アルバムのカバー曲から「千恵っ子よされ」「だから云ったじゃないの」「お富さん」などを披露した後、同じ所属事務所の先輩演歌歌手・千葉一夫が応援に駆けつけ、「私が初めて会ったのは彼女が高校生のときですが、あれから5年がたち、彼女も成長したなと思います。ぜひ大輪の花が咲くよう皆さんの応援をよろしくお願いいたします」と後輩のためにあいさつし、「吉野川」「みちのく風酒場」など3曲を歌ってステージに花を添えた。

水城なつみ(その3)

その後、水城が客席に出て、「南国土佐を後にして」「うたつぐみ」「逢ってみたい人」などをメドレーで歌い、終盤は、カバー曲から松原のぶえの「海燕」、島津亜矢の「都会の雀」、2013年5月22日発売のデビュー曲「泣いてひとり旅」、それにアンコールで「なつみの数え唄」など全18曲を熱唱。

最後までファンの熱い応援と拍手で5周年コンサートを大成功させた彼女は「今日のコンサートは私にとって大きな一歩となると思いますし、これから10年、20年に向かってしっかりと土台を作っていけるように足下を固めていきたい」と話していた。
4月25日には、7枚目のニュー・シングル「江差恋しぐれ」を発売する。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる