*

■永井裕子(キングレコード)が「松江観光大使」に任命。新曲「松江恋しぐれ」で松江の魅力を発信!

公開日: : ニュース

山陰の小京都・松江の魅力を存分に盛り込んだ「松江恋しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・永井裕子(35)が28日、島根・松江市の松江城で歌唱イベントを開き、松江市長・松浦正敬さんから「松江の名をさらに全国に広めていただきたい」と要望され、「松江観光大使」に任命された。

%e6%b0%b8%e4%ba%95%e8%a3%95%e5%ad%90%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

永井が島根県内の観光大使を務めるのは、2007年に同大田市から委嘱された「大田市観光大使」に次いで2つ目。演歌歌手の松江観光大使には水森かおりに次ぐもの。市長から委嘱状を受け取った永井は「2つの観光大使に恥じないよう松江を全国にアピールしていきたい」と、大使への意欲を話していた。
これに先立ち彼女は、同じ会場でミニライブを行い、「松江恋しぐれ」などを披露した。

松江城内に1903年、明治天皇行幸時の御宿所として建てられた興雲閣で授与式に臨んだ永井は「松江は自然も豊かでお米もお酒も美味しいところ。堀川巡りや武家屋敷など観光ができるところも多いです」と、早速に松江の魅力をPRしていた。

%e6%b0%b8%e4%ba%95%e8%a3%95%e5%ad%90%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

松浦市長は「松江恋しぐれ」のカップリング曲「谷中ほたる」の舞台、東京・谷中に学生時代に5年間住んでいたと言い、永井を「日本全国への松江の宣伝にひと役買っていただきたい」と激励した。

また「松江恋しぐれ」を作詞したさとうしろう氏とは、松江南高校時代の1年先輩で、さとう氏の父親は当時、英語教師だったという。

ミニライブで披露した「松江恋しぐれ」は、作詞がさとうしろう氏、作曲が弦哲也氏、編曲が前田俊明氏。破れた恋を忘れるために、ひとり出雲路を旅する女性が主人公。宍道湖、嫁ケ島、大橋川など松江の名所が随所に登場している。

永井は2007年に島根県大田市を舞台にした「石見路ひとり」を歌ったのを皮切りに、「松江恋しぐれ」まで島根県を舞台にした楽曲6作品を歌っており、「一人の歌手が、ひとつの県でこれだけの数のご当地演歌を歌っているのは私ぐらい。ギネス級ですよね」と自慢するほどだ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる