*

歌謡界に新星誕生!10代の新人、津吹みゆがデビュー

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース

2月25日に「会津・山の神」(作詞:原 文彦、作曲:四方章人、編曲:前田俊明)でデビューする津吹みゆのコンベンションが、東京・八重洲のHIT STUDIO TOKYOで行われた。

津吹みゆデビューコンベンション画像
会場にはディーラー、マスコミをはじめとする業界関係者の他に、彼女の地元である福島県から応援団も駆けつけて大変な盛況。28日に19歳の誕生日を迎えるフレッシュな新人に寄せられる期待の大きさを窺わせた。

AKBグループにいても遜色のないものを備えてる!?

デビューに当たってのキャッチフレーズは「どんと響く、直球ボイス!!津吹みゆデビュー!」。挨拶に立った所属レコード会社・日本クラウンの北島一伸社長は、これに掛けて「彼女の歌を野球のストレートで言えば、球速180km」と評して実力の高さをアピールしたが、確かに豊かな可能性を感じさせるものが津吹みゆにはあった。

その一つはアイドル性。ルックスは写真をご覧の通り、明るく爽やかなイメージ。AKBグループにいても遜色のないものを備えており、着物で歌わない分、着物姿も見てみたいと思わせる女性としての魅力も、時折表情や仕種に感じさせて印象的だった。

津吹みゆ「会津・山の神」ジャケット画像

透明感がありよく伸びる歌声、演歌以外でも十分に魅力を感じさせるはず

もう一つは歌。「会津・~」には唸りも入っているが、透明感がありよく伸びる歌声は、演歌以外をうたっても十分にその魅力を感じさせられるだろうと思わせるもの。カップリングの「わたしの門前仲町」は演歌の王道と言うよりは、城之内早苗の「あじさい橋」を思い出させるような、穏やかでのどかな印象の作品だが、津吹の若さや透明感が活きており、「会津・~」よりこちらを好むファンも多いはずだ。

津吹みゆデビューコンベンション画像
さらには地元応援団が見守っていたことも大きいのだろうが、16歳の時から師事している四方章人氏や、目や耳の肥えたマスコミ多数がずらりと並んだ会場で「緊張しました」と言いながらも物怖じするところを感じさせずに「会津・山の神」「父娘坂」(デビューのきっかけとなったNHKのど自慢出場時にうたった歌)「浪花節だよ人生は」(四方氏の代表作)「わたしの門前仲町」「会津・山の神」の5曲を歌い切った度胸のよさ。

ピッチャーが一生懸命投げるだけではチームは勝てない。ルーキーが投げる時に、打つべき人が打てるかどうかがカギ

演歌っぽい演歌の需要は今後ますます減少していくだろうから、まだ10代の彼女がこれからの歌謡界で活躍していくためには、幅広く歌いこなせる歌唱力が必要。何事にも主軸は必要だから、それが演歌であるなら、それを磨きながら、多彩で多様な表現を身に付けていってほしいものだ。

津吹みゆデビューコンベンション画像
北島社長に倣って今回のコンベンションをプロ野球に置き換えれば、高卒のドラ1が、オープン戦で初登板したようなもの。球速が最高レベルに達していなくても、制球が安定しなくても無理はない。ところが、津吹みゆは堂々と、しかし、若さや健気さも感じさせながら、予定の投球回を投げ抜いた。やや荒削りなところもあったが、今後の飛躍を予感させるものは十分。
歌の合間には、ステージを下りて来場者に挨拶して回ったり、江戸時代から伝わるという地元の名産・白河だるまにヒット祈願の目入れを行ったりとプログラムをそつなくこなした津吹。目標は「親しみやすく、聴いて下さった方の心の糧になる歌をうたうこと」と言い、締めの挨拶では「ここに立つまでに沢山の方のお世話になったので、一生懸命うたって恩返しをしたい」と話したが、ピッチャーが一生懸命投げるだけではチームは勝てない。ルーキーが投げる時に、打つべき人が打てるかどうか、彼女の勝利のために日本クラウンのチーム力にも期待しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる