*

小林幸子 中越地震から10年を迎えた新潟・山古志地区での「復興のつどい」に参加

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

10月23日、演歌歌手・小林幸子さんが、新潟・中越地震から今年で丸10年を迎えた新潟・長岡市の山古志体育館で開催された「つなごう山古志の心!~あの日の想いをつなぐ~」と銘打った「復興のつどい」に参加し、ミニライブを行ないました。

201410240001

新潟市出身の彼女は、2004年10月23日に発生した中越地震で被害を受け、全村避難となった旧山古志村の人たちと復興支援の交流を続け、復興のシンボルとして2006年から山古志地区(旧山古志村)にある5アールの面積の田んぼを「小林幸子田」と名付け、地元住民たちと一緒に米作りを開始。今年も田植えと稲刈りで同田んぼを訪れ、約300㌔のコシヒカリを収穫しました。
今回のイベントは、中越地震で一番被害が大きかった山古志、そして長岡、川口の3カ所から犠牲になった人たちへの追悼、震災によって得た感謝や復興への想いを伝えるために開催されたもの。
小林さんは、追悼式に参列した後、アオーレ長岡から平原綾香さん、川口から沢田知可子さんの歌手3人による三元中継が映像で紹介。続いてミニライブを開き、

「この山古志には『小林幸子田』を作っているので、毎年来させていただいていますが、今日という日は特別な日ですし、この日を決して忘れないでいたいです。私の歌に『雪椿』という歌がありますが、雪椿は新潟県の県木でして、雪椿は雪の中でもずっと咲き続けていますので、避難所で歌わせていただいたときに皆さんがこの歌を聴いて泣かれたんですよね。それがついこの間のような気がします。ですから歌の力で皆さんを励ますことができたら…」

とアピールしながら新曲「越後に眠る」をはじめ、「おもいで酒」「とまり木」「越後絶唱」、それに「雪椿」など全7曲を熱唱。
途中、旧山古志村の元村長・長島忠美(ただよし)さんと中越地震についてのトークコーナーで10年を振り返り、最後まで地元の参加者たちを歌のパワーで元気づけました。

201410240002

また、開演前、体育館前に設置された2000本を超えるろうそくに点火された「復興の灯り」を見ながら

「私にとってこの10年は、あっという間だったような気がします。最初の被災のあとの皆さんの不安の顔が、いまでも忘れることができません。それから毎年、毎年、皆さんの顔が明るくなっていく姿を見て、よかったなと思っています。よくも10年も辛抱強く頑張ったなと思います。私も新潟出身ですが、新潟県人の粘り強さとか我慢強さを誇りに思います。まだまだいろんな意味で解決しなければいけないことが山積みですが、私は新潟県人として一緒に頑張っていきたいと思います」

と話していました。
11月17日には、初の日本武道館公演を行います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる