*

森山愛子が地元・栃木県の「那須波切不動尊火まつり」に初参加。荒行に挑戦

2004年に「闘魂の歌姫」としてデビュー。今年で12年目を迎え、最新シングル「忘れないで」(発売・ユニバーサルミュージック)がロングセラー中の演歌歌手・森山愛子(30)が28日、地元・栃木県の那須塩原市にある那須波切不動尊 金乗院(こんじょういん)で開催された「火まつり」に初参加した。

森山愛子火まつり画像1
 「金乗院」は、高野山真言宗で、関東三霊場の寺として修験者の荒行で知られ、毎年6月28日に「火まつり」が開催。

 厄を除け、開運招福を祈願し、松明行(修験者荒行)、湯加持(ゆかじ)(行者熱湯釜入の行)、火渡り行(一般参加自由・素足)などの荒行が行われている。
 この日は、県内外から参拝者や見物客約1000人が集まる中、宇都宮市出身で、「とちぎ未来大使」(2010年就任)でもある森山は、修験者たちに加わっての護摩供、一般参加自由の「火渡り行」に参加。

森山愛子火まつり画像2
 境内中央大護摩壇の灰の上を素足で3度渡り、栃木の今後の発展と無病息災、それに加えて自らのヒットを祈願した。

 初めての火渡り行とあってか、荒行中は終始、緊張を隠せない様子だったが、 白装束に身を包み、意を決しての火渡り行をやり遂げた後は、元気いっぱいの笑顔を見せながら「とても緊張しましたが、気持ちが引き締まりました。初心に戻って、これからも燃え尽きるぐらいの気持ちで歌に取り組んでいきたい」と話していた。

森山愛子火まつり画像3
 火まつり終了後には、境内に設置された特設ステージでミニライブを開き、最新シングル「忘れないで」やカバーソング「約束」など全5曲を歌唱。久々の地元・栃木での歌唱ということもあってか、集まった多くのファンから熱い声援を受けていた。

 来る7月19日には、NHK「のど自慢」に出演。

(ユニバーサルミュージック)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる