*

山崎ていじ 新曲「昭和男唄」ヒット御礼イベント!アニマル浜口がサプライズ参加?!

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース

2014年7月7日、歌手・山崎ていじさんが、今年2月に発売した新曲「昭和男唄」が3万枚を突破したのを記念して、東京・港区の新橋SL広場前、ラ・ピスタ新橋2階ステージで新曲ヒット御礼イベントを開きました。

201407080001

プロボクサーから歌手に転向して活躍中の山崎ていじさん。今回の新曲発売を機に、これまでの芸名「山崎悌史」から「山崎ていじ」に改名。
新曲は、不器用な昭和男をうたった聴きごたえのある作品で、「紅白出場」を目指している昭和男の彼が、昭和男たちが集う新橋にて御礼イベントを行うことになったもの。大勢のファンやサラリーマンらが詰めかける中、ステージをリングに見立てて、新曲と前作シングル「サンセット浜田」、それに再度、新曲の全3曲を熱唱しました。

201407080002

その途中、同ビル上に設置された大型スクリーンに同郷(島根県浜田市)の元プロレスラー・アニマル浜口氏がサプライズで登場し、ステージにも飛び入り参加。「気合だ―!」と記されたトレードマークのハチマキを巻いて応援に駆けつけ、

「『昭和男唄』、聴きましたよ。いい歌ですねえ。昭和の不器用な男が主人公ですが、私とそっくりで、感銘を受けました。歌がうまいけど、顔もいい男だねえ」

と絶賛。

201407080003

翌8日が57歳の誕生日という山崎さんに「紅白」のハチマキをプレゼントし、「紅白を目指して頑張ってくださいよ」と熱いエールを送りながら「紅白だ、紅白だ、紅白だ…」と十連発の気合を入れ、山崎さんも「これで紅白間違いないです」とうれしそう。
そんな強力な助っ人が登場して大感激の山崎さんは

「僕はボクサー出身ですが、目標を立てて、それに向かって邁進するというのは歌手もボクサーも同じです。アニマル浜口さんとは今日初めてお会いしましたが、心強いですし、気合をいただきました。これから下半期に向かって頑張ります。この新曲は、昭和生まれの方たちに共感していただける歌だと思いますので、そういう方々の代弁者として歌っていきたい。年末の紅白を目指して精進していきますので、ぜひ応援してください」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる