*

■おかゆが第2弾カバーアルバム発売記念コンサート。初のコンサートで全13曲熱唱。「いつか東京国際フォーラム・ホールAで歌うのが私の夢です」

 2019年5月1日に自作詞曲の「ヨコハマ・ヘンリー」でメジャーデビューして3年。最新シングル「星旅」がロングセラー中の平成のおんなギター流し&シンガーソングライター、おかゆ(30)が6日、東京・有楽町のよしもと有楽町シアターで「『おかゆウタ カバーソングス2』発売記念コンサート『有楽町で歌いましょう!』」と銘打ったコンサートを開いた。

 これは、昨年2月10日に発売した「おかゆウタ カバーソングス」に続くカバーアルバム2作目「おかゆウタ カバーソングス2」(ビクターエンタテインメントから1月26日発売)のリリースを記念して行われたもの。
 カバーアルバム第1弾は、昭和、平成、令和の3つの時代の名曲をカバーし、今回の第2弾は、明治、昭和、平成、令和の4つの時代の名曲をカバー。なかでも「星めぐりの歌」は、明治生まれの詩人で童話作家・宮沢賢治が作詞・作曲した楽曲で、「東京オリンピックの閉会式で知った曲で、美しい日本語とメロディーに心がスーッと落ち着いていくような、童心に帰るような感覚を覚えた」そうだ。この日のコンサートは、新型コロナ感染症対策を万全にして有観客で開催。ソロのコンサートは、インディーズ時代を含めて今回が初めてで、「これまでライブやディナー形式のライブは何度もやらせていただき、流しのときも飲み食いの場で歌って来たので、純粋に歌だけを歌うステージというのは緊張感が違ってドキドキです。それだけにコンサートは、責任の重みを感じています。今日はアルバムの曲を順番に全曲歌います。1曲だけ、『メロディー』(オリジナル歌唱・玉置浩二)という曲はピアノで歌っている作品ですが、コロナと時間の関係で短くして、私のギターの弾き語りでお送りします。今日は始まりの日でして、歌手として、一人のアーティストとして第一歩のステージに立った気持ちで、初心に帰って歌いたい。応援してくださっている皆さんのお陰でこのコンサートを開くことができるので、感謝を込めて皆さんに歌を届けたい」と意欲満々。

 熱烈なファンが詰めかける中、「人生で初めてのコンサートです。最後まで心に残る歌を皆さんにお届けしたい」とあいさつし、同アルバムの収録順に、心之助の「雲の上」をはじめ、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」、八神純子の「みずいろの雨」、ペドロ&カプリシャスの「五番街のマリーへ」、日野美歌の「氷雨」など全10曲と、アンコールでメジャーデビュー曲「ヨコハマ・ヘンリー」、おかゆの歌の原点ともいえる「七転び八起き幸せに」など全13曲をアコースティックギターの弾き語りを交えながら熱唱した。
 そして、「昨日は、私のあこがれの高橋真梨子さんのコンサートをこの近くの東京国際フォーラム・ホールAで見せていただき、今日もそこで真梨子さんがコンサートをおやりになっていますので、滅茶苦茶、感慨深いものがあります。いつか私も真梨子さんのようなアーティストになりたいですし、その国際フォーラム・ホールAでコンサートを開くのが夢です」と話していた。

サンニュース

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる