*

■すぎもとまさとが、ナナオ プロデュースのライブで熱唱。ゲスト歌手・五十川ゆきとデュエットも

公開日: : ニュース

 「吾亦紅」「かもめの街」など数々のヒット曲で知られる作曲家・杉本眞人さん(72)が、歌手「すぎもとまさと」の名義で16日、東京・豊島区の南大塚ホールで「ナナオIZM《音楽編》VOL・1 すぎもとまさと LIVE~歌でエールを~」と銘打ったライブを開いた。

 これは、美川憲一や福田こうへいらの司会者として活躍中の芸人・ナナオ(47)がプロデュースしたライブで、「この南大塚ホールでは、『南大塚SHOW劇場』と題して、音楽やお笑いライブなどを企画して今年で9年目になりますが、今回はそのスペシャルバージョンとして、以前からぜひやってみたかった杉本先生のライブが実現したので、大変うれしいです。笑うことはストレス解消になりますが、泣くのもストレス解消になりますので、今日来てくださったお客さまには先生の歌を聴いて、感動して、泣いていただきたいです」とアピール。
 すぎもとは「今年は、新型コロナの影響で10月までは全くライブができなかったのですが、10月24日の大阪を皮切りに、沖縄、群馬、今日の東京とライブが続き、この後、札幌でもライブが予定されています。お客さんの前で歌えるのは、本当にうれしいものですね。久しぶりの有観客でのライブなので、皆さんには存分に楽しんでいただきたい。そのためにも自分自身も楽しんで歌いたい」と意欲満々。
また、「去年は久しぶりにニューアルバムを出させていただきましたが、等身大の歌を意識して作りました。これからは自分の年代に合った歌も作っていきたいですし、来年は地方での町おこしイベントなどに出てボランティアでライブをやってみたいと思っています。それに、刑務所の慰問ライブもできたらいいですね」と話していた。
 今回のスペシャルライブは2部構成で、第1部は、すぎもととナナオのトークコーナーが目玉で、杉本さんがこれまで楽曲提供した石川さゆり、五木ひろし、美空ひばりらの歌手との秘話を披露しながら、すぎもとは石川さゆりの「転がる石」や湯原昌幸の「冬桜」などを熱唱し、その後、ゲスト歌手・五十川ゆきと「バースターライト」をデュエット。

 続いて五十川は、杉本さんが作曲した「飛べない鳥じゃあるまいし」や「FARAWAY~この空のどこかで~」も歌唱。 第2部は、ちあきなおみの「冬隣」「紅い花」「かもめの街」、あさみちゆきの「鮨屋で…」、自作・自演で大ヒットした「吾亦紅」、昨年10月7日にテイチクから発売した4年ぶりのニューアルバム「STAND by MY SONGS」=提供楽曲のセルフカバーと新曲を含む全14曲をすべて新録で収録=から五木ひろしに提供した「VIVA・LA・VIDA!」、そしてエンディングは「花のように鳥のように」など全20曲を熱唱し、最後まで客席を楽しませていた。

サンニュース

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる