*

■長山洋子が東京・花園神社で新曲「あの頃も 今も~花の24年組~」ヒット祈願。団塊世代へエールを。11月からコンサートも再開

公開日: : ニュース

演歌歌手に転身して今年で28年目を迎えた長山洋子(52)が、10月21日にビクターエンタテインメントからニュー・シングル「あの頃も 今も~花の24年組~」(詩・友利歩未、曲・桧原さとし)を発売し、同日、東京・新宿区の花園神社でヒット祈願を行った。

長山洋子(その1)

前作シングル「夜桜ブルース」(昨年6月26日発売)は、ブルース曲として人気を博したが、今回は、シャンソン風のアレンジで、昭和24年前後生まれの青春と人生の輝き、そして今も元気に自由を謳歌する団塊世代へエールを贈る楽曲になっている。

 拝殿で、新型コロナウイルス感染鎮静を願いながら新曲ヒットの祈祷を受けた長山は「前作から1年ぶり以上になり、待ちに待っていた新曲ですが、世の中もコロナで様変わりしていますので、気持ちも新たに、新鮮な思いで祈願させていただきました」と、晴れ晴れとした笑顔を見せた。

長山洋子(その2)

 今回が55枚目のシングルで、「五木ひろしさんですね。キリがいいですね」とジョークを飛ばしながら「昭和24年前後生まれの方たち、団塊世代と言われている方たちをテーマに作っていただいた作品です。その世代の方々は、いろんな経験をされていて、いまも現役バリバリでご活躍されている方ばかりで、そういう意味では、私たち後輩もいろんな刺激をいただいて育ってきていますので、そんな思いがいっぱい詰まった作品です」。

 ヒット祈願の後、宝物殿に収められた神輿がマスコミ向けに特別に公開。今年5月の例大祭がコロナの影響で中止になり、出番がなかった神輿の前で、「このコロナ禍で、70歳代の演歌の先輩たちが出演している昔の映像を見返す時間がたくさんあったのですが、改めてその先輩たちを尊敬しました」。

長山洋子(その3)

 長山もコロナの影響でコンサートをはじめ、歌の仕事が次から次へと中止になり、自宅での自粛を余儀なくされたが、「仕事が全くなくなるというのは、デビュー以来、なかったことなので、『これから先、一体どうなるんだろう』という不安を初めて経験しました。自粛中は全然歌っていないので焦っていましたが、焦っても仕事が入ってくるわけではないので、『これは、神様から与えられた休憩の時間なんだ』と気持ちを切り替えたらすーっと楽になり、それからは自分で毎日声出ししたり、トレーニングをしたりして自主トレに励みました」。

 昨年は、初期の乳がんを患い、ファンやスタッフらを心配させたが、「去年の夏に病気してから1年以上がたちますが、1年検診も異常なしと言われましたので、いまはとても元気です」と、健康をアピール。

 そんな中、コロナ禍で延期になっていたコンサートも再開。11月6日の神奈川・茅ヶ崎市民文化会館&神奈川県民ホールからステージが始まるが、「チケットを持って待っていてくださった方も大勢いらっしゃいますので、何とか喜んでいただけるようにと、もちろん感染対策をしながら特に津軽三味線の生の迫力を味わっていただきたいですね。私自身もすごく楽しみにしています」と話していた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる