*

■福田こうへい、三山ひろし、市川由紀乃の3人がCSチャンネル銀河の特番に出演。屋形船で番組収録

演歌界の第一線で活躍中の福田こうへい(44)、三山ひろし(40)、市川由紀乃(44)の歌手3人が、CSチャンネル銀河の特番「福田こうへい・三山ひろし・市川由紀乃のふるさと自慢!」(放送日=11月28日午前7時)に出演することになり、その収録が10月14日、屋形船上で行われた。

福田×三山×市川(その1)

福田は岩手出身、三山は高知出身、市川は埼玉出身で、公私ともに仲の良い3人が、同特番で、屋形船に乗ってそれぞれのふるさとを自慢しながら歌の旅をし、昭和の名曲やオリジナルヒット曲を披露する。

東京下町・葛西の乗船場から日本一の大きさを誇る晴海屋の屋形船に乗ってスタート。デッキ上から三山が「この眺め、最高ですね!」、福田が「岩手にはない都会の風ですね」と言えば、市川が「ここは埼玉に近いですが、私にとってふるさとへの思いは強いです。お二人のお国言葉にはあこがれます」と、東京の美しい景色にうっとり。

福田×三山×市川(その2)

最初にデッキ上で福田が新曲「筑波の寛太郎」を歌ってから3人で船内に入り、邦楽チームによる「東京音頭」の演奏が鳴り響く中、荒川を進みながら市川が「すみだ川」を歌って乾杯。そして、三山が高知名物、福田が岩手名物、市川が埼玉名物を紹介。

 船は隅田川から越中島へと進み、その越中島から乗り込んだゲストのギタリスト・斉藤功を出迎え、彼の名伴奏で、3人が歌手になる前の思い出の歌から三山が、千昌夫の「夕焼け雲」、福田が、三橋美智也の「達者でナ」、市川が、ちあきなおみの「紅とんぼ」を披露。

福田×三山×市川(その3)

 再び自身のふるさと自慢をしながら「オリジナルヒットコーナー」で市川が新曲「なごり歌」、三山が新曲「北のおんな町」、「民謡コーナー」で福田が「真室川音頭」、三山が「黒田節」、市川が「南部牛追い唄」を熱唱。

 空が黄昏れていく中、斉藤がギターソロで「リンゴ追分」を演奏後、「方言でヒット曲コーナー」で、福田の盛岡弁、三山の土佐弁が飛び出して盛り上がり、大ヒット曲を方言で歌唱しようということに。まずは福田にレクチャーを受けた市川が「雪恋華」を盛岡弁を交えながら披露。その後、福田と市川が「南部蝉しぐれ」、三山と福田が「お岩木山」を1コーラスずつ歌唱。

福田×三山×市川(その4)

 船のほうは、荒川、隅田川、東京スカイツリー、東京タワー、お台場というコースで周遊。最後は、東京の夜景を眺めながら3人で鳥羽一郎の「兄弟船」を歌い、半日にわたる船旅にピリオドを打った。

 収録を終えて、福田は「今日は楽しかったです。屋形船で収録するのは初めてだったので、どんな感じになるのかなと思っていましたが、ごく自然なふだん通りの自分が出せました」、市川は「屋形船っていいですね。旅のよさを感じました。春夏秋冬、全部来てみたいです」、三山は「私たち3人は番組の収録でご一緒することが多いのですが、今日はがっぷり四つで、3人取っ組み合いで、あんなこと、こんなこと、あんな姿、こんな姿が、私を含めて見ることができて、とても仲が深まった一日になったかなと思います」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる