*

北島三郎さん50回目最後の紅白出場へ!最多歌唱曲は「まつり」じゃなかった!?

公開日: : 最終更新日:2014/08/12 まとめ記事, 特集 , , , , , ,

12月5日、北島三郎さんが東京・渋谷区の日本クラウンで記者会見し、
「もし50回目の出演が決まったら、それを区切りに紅白については一本の線を引こうと、今年の春から決めていました」
と語り、50回出場を節目に、来年からはNHK紅白歌合戦に出場しないことを明言しました。
歌手活動は続行するそうで、「この道に完成はありませんから」とあらためて歌の道に邁進する姿勢を示しました。

通算50回。途方もない記録です。その偉大な足跡、北島三郎さんがこれまでに紅白で歌った曲を見てみましょう。

kitajima_matsuri

紅白歌合戦の北島三郎さんといえば、トリで「まつり」を盛大に歌う…というイメージが強いかもしれません。でも記録をよく数えてみると、これまで「まつり」が紅白で歌われた回数は、5回に過ぎません。それでも十分多い数ですが、

北島さんが「まつり」を上回る回数で、紅白で歌っている曲があります。

さて、それは何だか分かりますか?

※スマートフォンでご覧の方は、曲名をタップすると発売当時のジャケット写真が見られます

出場回数 紅白歌合戦 開催年 北島三郎 歌唱曲
第14回 1963年(昭和38年) ギター仁義
2 第15回 1964年(昭和39年) ソーラン仁義
3 第16回 1965年(昭和40年) 帰ろかな
4 第17回 1966年(昭和41年) 函館の女
5 第18回 1967年(昭和42年) 博多の女
6 第19回 1968年(昭和43年) 薩摩の女
7 第20回 1969年(昭和44年) 加賀の女
8 第21回 1970年(昭和45年)
9 第22回 1971年(昭和46年) 北海太鼓
10 第23回 1972年(昭和47年) 冬の宿
11 第24回 1973年(昭和48年) 帰ろかな
12 第25回 1974年(昭和49年) 寒流
13 第26回 1975年(昭和50年) 残雪
14 第27回 1976年(昭和51年)
15 第28回 1977年(昭和52年) 終着駅は始発駅
16 第29回 1978年(昭和53年) 与作
17 第30回 1979年(昭和54年) 与作
18 第31回 1980年(昭和55年) 風雪ながれ旅
19 第32回 1981年(昭和56年) 風雪ながれ旅
20 第33回 1982年(昭和57年) なみだ船
21 第34回 1983年(昭和58年) 漁歌
22 第35回 1984年(昭和59年) まつり
23 第36回 1985年(昭和60年) 十九のまつり
24 第38回 1987年(昭和62年)
25 第39回 1988年(昭和63年) 年輪
26 第40回 1989年(平成元年) 夜汽車
27 第41回 1990年(平成2年)
28 第42回 1991年(平成3年) 北の大地
29 第43回 1992年(平成4年) 帰ろかな
30 第44回 1993年(平成5年) まつり
31 第45回 1994年(平成6年) 年輪
32 第46回 1995年(平成7年)
33 第47回 1996年(平成8年) 風雪ながれ旅
34 第48回 1997年(平成9年)
35 第49回 1998年(平成10年) 根っこ
36 第50回 1999年(平成11年) まつり
37 第51回 2000年(平成12年) 帰ろかな
38 第52回 2001年(平成13年)
39 第53回 2002年(平成14年) 帰ろかな
40 第54回 2003年(平成15年) 風雪ながれ旅
41 第55回 2004年(平成16年)
42 第56回 2005年(平成17年) 風雪ながれ旅
43 第57回 2006年(平成18年) まつり
44 第58回 2007年(平成19年) 帰ろかな
45 第59回 2008年(平成20年) 北の漁場
46 第60回 2009年(平成21年) まつり
47 第61回 2010年(平成22年) 風雪ながれ旅
48 第62回 2011年(平成23年) 帰ろかな
49 第63回 2012年(平成24年) 風雪ながれ旅
50 第64回 2013年(平成25年) 未定

分かりましたか?

「まつり」の5回よりもたくさん歌われているのは、

「帰ろかな」が7回、「風雪ながれ旅」が同じく7回です。

「帰ろかな」では北島さんの後ろにコーラス隊がずらりと並び、「風雪ながれ旅」では、舞台上に紙吹雪が大量に降りそそぐ演出でおなじみです。

意外にも、人気曲である「北の漁場」は、紅白では2008年のただ1回しか歌われていません。舞台上がスモークで覆われて一面の海となり、荒れ狂う波の上をいく漁船に乗って歌うという、大迫力の演出が劇場公演のハイライトです。(紅白ではSMAPのメンバーが船に一緒に乗りました)

紅白と北島さんに歴史あり。他にも、意外と知らない発見があるかもしれません。

本人も会見で語ったように、最後の紅白で歌うのは、やはり「まつり」になるのでしょうか…? 大晦日を心して待ちましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる