*

2013年演歌界にデビューした新人たちを紹介する前に、2012年演歌界にデビューした新人たちをおさらいしましょう!

気付けば今年もあと3ヶ月を切りました!つい最近まで暑かったり、台風がきたりでなかなか実感が湧きませんがね…。

…ところで(・д・)
演歌界では毎年多くの新人がデビューを飾り、スターの道をひた歩んでおります。そう、あの北島三郎さんも最初は“新人”だったわけです。
そしてもちろん2013年も新たに演歌歌手が誕生しました。そんな、演歌・歌謡の未来を担う新人演歌歌手たちをご紹介すべく、サイトに【2013年デビュー!期待の新人 特集】を追加しました!本日はこの特集についてご紹介します!

…とその前に(・д・)
去年デビューした新人演歌歌手たちをさくっとおさらいしてみましょう。
2012年にデビューし、【携帯で演歌】で期待の新人として紹介したのはこの8名でした!

 

★話題のアイドルグループ、AKB48から初の演歌歌手が誕生!

201310050010
岩佐美咲
「無人駅」で2012年2月1日デビュー

 

★編曲家・伊戸のりお氏の父であり、札幌の伝説の演歌師・茅大介(かやだいすけ)氏の最後の弟子。

201310150005
戸川よし乃
「すずめは雀」で2012年2月8日デビュー

 

★平均年齢20歳、新世代の歌謡グループ!

201310160010
はやぶさ
「ヨコハマ横恋慕」で2012年2月22日デビュー

 

★山本譲二が認めた歌声!韓国・釜山市出身の新人歌手

201310150009
パク・ジュニョン
「愛・ケセラセラ」で2012年3月7日デビュー

 

★幼い頃から歌うことが大好きで、様々な賞を受賞した実力派

201310150007
中西りえ
「北海男節」で2012年4月4日デビュー

 

★韓国出身の18歳!日本の懐かしい歌謡曲を彷彿とさせる曲でデビュー

201310150008
ジウォン
「気まぐれ少女」で2012年4月18日デビュー

 

★岩手県宮古市出身の19歳。師は作曲家・叶弦大氏

201310150004
みやさと奏
「風港」で2012年5月2日デビュー

 

★作曲家・水森英夫氏の門下生、20才の“さわやかENKAボーイ”

201310150006
松尾雄史
「くちなし慕情」で2012年6月6日デビュー

 

ジャケットは、記念すべきデビュー曲となっております。
そして、今回2013年バージョンで紹介しているのは5人の新人さん。
なんと!!全員が女性です。楽曲はもちろん、美しさも要注目ですよヽ(`Д´)ノ
ぜひ【携帯で演歌】の、【2013年デビュー!期待の新人 特集】でその姿を確認してください!!!!!
演歌・歌謡の未来を担う5人の新人さん。先輩たちのような活躍に期待です♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる