*

■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

公開日: : ニュース

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(みち)」(詞・円香乃、曲・水森英夫、発売・キングレコード)を発売した演歌歌手・井上由美子(42)が1月11日、東京品川区のスクエア荏原・ひらつかホールで「由美子さ~ん! 開演時間ですよ~!!」と銘打ったコンサートを開いた。

井上由美子(その1)

デビュー当時からの熱烈なファンら約400人が詰めかけ超満員の中、冒頭に好きなパチンコをやっていて開演時間に間に合うかどうかひやひやしながら自転車で会場に駆けつけるという凝った演出で、しかもステージ上にもその自転車に乗って着物姿で登場。

「(間に合うかどうか)危なかったです…。今日は1月11日、1が並んで縁起がいいと思って今日の日を選んでみました。大安吉日でもあり、すべてがそろっています。2004年1月7日にデビューして、もう15年。井上由美子は15歳になりました」とあいさつすると、客席からは「おめでとう!」コールが沸き起こり、「15年の間にはいろんなところにおじゃまして、たくさんの方とお会いできて、皆さんに温かく支えていただいて今日まで頑張ることができました。楽しいことばかりじゃなかったと思うんですけれど、楽しかったこととか、うれしかったこと、感動したことしか頭に浮かんでこない、思い出せないんです。たぶん、いやだったことやしんどいなと思ったことも皆さんがくれたうれしさや感動が、すべていい想い出に変えてくれたんだなと…。今日は、皆さんに感謝の気持ちが届くように最後まで元気いっぱい、心を込めて歌わせていただきます」。

井上由美子(その2)

 2004年1月7日発売のデビュー曲「恋の糸ぐるま」をはじめ、「海峡桟橋」「相馬に雨が…」、TVドラマ「家なき子」を彷彿させる芝居を交えながら「東京キッド」(美空ひばり)、「空と君のあいだに」(中島みゆき)、「赤ちょうちん」(かぐや姫)、そして新曲「想い出の路」、同カップリング曲「ひとり北夜行~愛ふたたび~」、アンコールでファンや友人たちと一緒に「うち好きやねん(よさこいバージョン)」など全20曲を熱唱した。

井上由美子(その3)

 15年を振り返って、「あっという間でした。着物でウインドサーフィンに乗ったり、静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社で真夜中に白装束で冷水の池に浸ってみそぎをしたりとか、いろんなことにも挑戦させていただきましたが、そんな積み重ねてきたものがこの15年につながっているんだなと思います」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる