*

■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

公開日: : ニュース

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデビューして今年で50年目を迎え、現在、プレスリー、ロカビリー世代に人気の曲などをセレクトしてカバーした最新アルバム「My Favorite Songs~Popular~Ⅲ」が好セールス中の演歌歌手・前川清(69)が6日、東京・中野区のサンプラザホールで50周年記念コンサートを開いた。

前川-清(その1)

この日は、11月18日の沖縄まで全国30カ所以上で開催される同記念ツアーの初日。約2200人のファンで満席の中、「きのうがデビューした日=内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして1969年2月5日「長崎は今日も雨だった」でデビュー=でして、今日2月6日で50周年を迎えることができ御礼申し上げます。いろんな歌がございました。いまからいろんな曲をお届けしますが、たとえば沢田研二さんは50周年で50曲歌われたそうです。私の場合は、50曲歌おうと思えば歌えますが、ジュリーの場合は皆さんと一緒に歌えますが、私の歌の内容は、寂しい歌、せつない歌、男と女の歌ばかりで、皆さんと一緒に賑やかに楽しみながら歌える歌はほとんどありません。ですから50曲というのは無理です。そこでサンキュー、39曲ぐらいでしたら我慢して聴いていただけるんじゃないかなと思います(笑)」とあいさつ。

前川-清(その2)

 2部構成の第1部は、クール・ファイブの初期のメンバーたちと一緒に、同グループの歴史を楽しいトークを交えて振り返りながら「長崎は今日も雨だった」「西海ブルース」「二人の海峡」「都会の隅で」「愛の旅路を」「女のくやしさ」「さようならの彼方へ」、それに加山雄三が書き下ろした最新シングル「嘘よ」(詞・久野征四郎、曲・弾厚作)などを披露。

前川-清(その3)

 第2部の冒頭では、次女で歌手の侑那(26)と長男で歌手の紘毅(32)がゲスト出演し、侑那と2人で「FEELING GOOD」、紘毅と2人で「STAND BY ME」、3人で「PLEASE MR.POSTMAN」を披露した後、ソロになってからの作品から「恋するお店」「明日に」「ひまわり」、クール・ファイズ時代のヒット曲から「逢わずに愛して」「噂の女」「そして神戸」など、1部と合わせて全39曲を熱唱し、最後まで満員のファンを楽しませた。
 歌い終わって、「このコンサートが始まる前は50周年を感じなかったのですが、『よかった』『ありがとう』というお客さまの言葉を聞いて、50年歌ってきてよかったなと思いました」と笑顔を見せた。

前川-清(その5)

 また、「雪列車」(1982年発売)の作詞も手がけた糸井重里さんが作詞&プロデュースを手がける「初恋」を5月16日に発売する予定で、糸井さんは「前川さんは九州で圧倒的な人気があるので、九州を拠点に東京に攻め込むようなことができないかなと考えています」と話していた。
 また、所属レコード会社、テイチクエンタテインメントの会長兼社長・中谷幸夫さんから50周年を祝って、次世代高級オルゴール「プリモトーン」がプレゼントされた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる