*

■岡ゆう子が新曲「しあわせのサンバ」カラオケ&ダンス大会。グランプリは58歳の大嶋美咲さんが受賞

公開日: : ニュース

最新シングル「しあわせのサンバ」(詞・仁井谷俊也、曲・岡千秋)=キングレコードから5月24日発売=が好セールス中の演歌歌手・岡ゆう子(59)が9月29日、東京・文京区のキング関口台スタジオで「カラオケ&ダンス大会」を開いた。

岡ゆう子(その1)

これは、同シングルを購入した人を対象にした封入特典イベント。今回の新曲は、彼女にとって新境地を切り開いた初めてのリズム歌謡で、サンバ風のリズムに乗って明るく楽しく踊りながら歌える作品であることから「カラオケ」と「ダンス」の2部門に分けて同大会を実施。

全国からカラオケ部門に115人の応募があり、その中から21人が、ダンス部門には、5組の応募の中から1組がそれぞれ一次審査で選ばれ、合わせて22組がこの日の決勝大会に臨んだ。
作曲の岡千秋さんと担当プロデューサーの金原節夫さん(キングレコード)が審査員を務める中、出場者一人ひとりが課題曲の「しあわせのサンバ」で自慢のノドを競い合った結果、グランプリの栄冠は、大嶋美咲さん(58)の頭上に輝いた。

岡ゆう子(その2)

また、準グランプリは加藤隆治さん(63)、特別賞は、出場者の中で最年長の平本幸子さん(83)、それにダンスで出場したビッキー&みなめろさんが特別賞を受賞した。

 また、審査発表前には岡のミニライブが行われ、新曲をはじめ、「ひえつき望郷歌」「よりそい傘」「人生まわり舞台」など全7曲を熱唱。

新曲について「今回は、生まれて初めて楽しい歌に挑戦させていただいています。もちろん踊ったりするのも初めてです。発売前はどうなるかと心配していましたが、全国どこに行っても皆さんが喜んで聴いてくださり、歌ってくださいます。いやなこと、苦しいこと、寂しいこと、たくさんありますが、この『しあわせのサンバ』が流れてくると寂しいことなど吹き飛んでしまい、元気と頑張る力がいただけます。最後の『♪サンバ サンバ しあわせのサンバ」と、とても覚えやすい歌ですし、メロディーも懐かしい歌謡曲でして、この作品をいただいたとき、思わず歌いたくなり、体が熱く燃えるような感覚になり、こういう歌が歌いたいなと思っていました。これから忘年会や新年会もありますので、ぜひこの歌を楽しみながら歌っていただければと思います」と話していた。

岡ゆう子(その3)

審査員の岡千秋さんは「グランプリを受賞された大嶋さんは、歌の全体のバランスがよく、声がとても聴きやすくて、しっかり伝わってきたのが受賞の理由です」と絶賛。

岡は「私にとって初めてのリズム歌謡ですが、皆さんに楽しく歌っていただけて、私自身も思わずほほえんでしまいました。お上手な方ばかりで、83歳というご高齢の方がこのサンバのリズムに乗って楽しく歌ってくださったりして、皆さんの歌を楽しく聴かせていただきましたし、ダンスも楽しく見させていただきました」と笑顔を見せていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる