*

島津悦子 石川県観光大使として「北陸新幹線かがやき501号」を出迎え

公開日: : ニュース ,

2015年3月14日、新曲「惚れたのさ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・島津悦子さんが、石川・金沢市のJR金沢駅のホームで、「北陸新幹線かがやき501号」の乗客たちの出迎えを行いました。

201503160001

北陸新幹線の長野―金沢間228㌔が開通したこの日、東京駅、午前6時16分出発の「かがやき501号」が、2時間半かけて午前8時46分に金沢駅に到着。
その記念すべき列車を「石川県観光大使」を務める島津さんが出迎えることになったもので、彼女はこれまでに石川県を舞台にした曲を数多く歌っており、新曲「惚れたのさ」のカップリング曲「かがやきパラダイス」も北陸新幹線応援ソングとして各地で歌い続けています。
東京からの第1号列車がホームに入ってきた瞬間、大感激の笑顔を見せながら

「鹿児島出身の私が石川県に嫁いで13年になりますが、お陰さまで昨年の1月、『石川県観光大使』に任命していただき、様々な活動の中で歌を通じ石川県の素晴らしさをPRしてまいりました。気候風土、生活習慣など鹿児島と異なる部分も多く、最初のころは戸惑いを感じることもありましたが、いつも優しく、温かく見守り接してくださった金沢をはじめ、北陸の方々には心から感謝しています。数年前、北陸新幹線開業予定のお話を伺ったとき、何か私にできることはないだろうか…、石川県の皆さまに少しでもご恩返ししたいという思いで、2年前から北陸新幹線開業に向けて石川・金沢を舞台にした作品づくりをしてきました」

201503160002

「開業日の本日、東京発一番列車『かがやき』でお越しになられた多くの方々を金沢駅でお迎えし、501号がホームに入ってきたときは、感極まって涙が出ました。この喜び、感動は生涯忘れることはないでしょう。これから先も、日本の良き伝統・文化、『おもてなし』の心が脈々と受け継がれている石川・金沢を、全国そして世界中の方々に知っていただけるよう歌でアピールしていきたいと思っています。そして、歌手としてますます輝き続けられるよう頑張ります」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる