*

島津悦子 親しい横綱・白鵬関と西新井大師總持寺で豆まき

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース

2月3日、新曲「惚れたのさ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・島津悦子(53)が3日、東京・足立区の西新井大師總持寺の節分会に参加して、豆まきを行いました。

島津悦子節分豆まき
同寺は、「お大師さま」と呼ばれて多くの参詣者に親しまれています。島津が同寺での節分会に参加するのは、2011年以来、4年ぶりとなり、この日は、初場所で新記録の33回目の優勝を果たした横綱で、島津と親しい白鵬関も参加し、約1万人の参詣者が訪れる中、豆まきを行いました。

 島津は

「厄除けで知られるお大師さまで豆まきができて大変光栄です。今年も1年明るく元気に、そして人の心に寄り添える歌をお届けできるよう頑張ります」

と力強く語った。大相撲ファンの島津は、かねてより交流のある白鵬関に関して、

「先日、『前人未踏! 33回目優勝おめでとうございます』というお祝いメールをさせていただいたのですが、それに対してきちんと返信してくださいました。本当に律儀な優しい横綱です。歌もお上手なので、ぜひ『惚れたのさ』も歌っていただきたいですね。白鵬関にあやかり、歌謡界の横綱を目指します!」

と、いつもの明るい笑顔で話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる