*

中村美律子、湯布院で新曲「おもいでの宿」をPR

新曲「おもいでの宿」を9月25日に発売する中村美律子さんが9月21日、大分・由布市の湯布院を訪れ、新曲イベントを行いました。

新曲は、全国的に有名な温泉地・湯布院が舞台。離れ離れになった相手を“おもいでの宿”で一途に待ち続ける、切ない女心を歌った作品です。

この日中村さんは、まず大分放送のラジオ60周年特番に生出演し、特設ステージで全6曲を熱唱。
その後湯布院に移動し、乙丸公民館で約150人の地元ファンや観光客らが詰めかける中、新曲をはじめ、そのカップリング「ようやったね」、そして「河内おとこ節」「瞼の母」など全6曲を披露しました。

20130921nakamura02_300

大分にはキャンペーンなどで何度も来ているものの、湯布院は2度目だそうです。

中村美律子、ゆーふー
ご当地キャラ「ゆーふー」と一緒に湯布院駅前の土産物屋へ。

中村美律子、由布岳をバックに辻馬車と
由布岳をバックに、新曲の歌詞の中にも出てくる「辻馬車」と。

レコーディング前の6月に、歌のイメージをつかむためにプライベートで湯布院を旅行したそうです。

「歌詞に出てくる『辻馬車』がどんなものかも見ておきたかったし、何と言ってもお湯がすごくいいのには驚きました。情緒があってロマンチックで、本当にいいところです」(中村さん)

「おもいでの宿」は、故・市川昭介氏の作曲。そのメロディーに作詞家・池田充男氏が詞をつけたものです。

「市川昭介先生の持ち味といいますか、包み込むような温かい雰囲気がメロディーの中にあって、歌っていて心がほっこりします。歌詞がなくても温かさみたいなメロディーがすでに伝わってくるのがこの曲の魅力ですね」(中村さん)

この記事の詳しいレポートが【携帯で演歌】で読める!ぜひサイトに遊びに来てくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる