*

山内惠介 CS「歌謡ポップスチャンネル」にて特別編成番組が11日からスタート

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , ,

2015年2月10日、今年でデビュー15周年を迎え、今月18日に同記念曲第1弾シングル「スポットライト」を発売する演歌歌手・山内惠介さんが、今月11日から5日間にわたって放送されるCS放送「歌謡ポップスチャンネル」の特別編成番組に出演することになり、東京・品川区で先行試写会&トークショーを行いました。

201502100002

この日は、彼のファンクラブの中から選ばれた15組30人を招待する中、各日、夜7時から9時までの時間帯で全10時間放送される同特別編成番組の中で目玉となる「新曲『スポットライト』ミュージックビデオ・メイキング番組」とコンサート番組「山内惠介コンサート2014」を同試写室の大型スクリーンで特別上映。
また、新曲を作詞した喜多條忠さんと作曲の水森英夫さんがゲスト参加し、3人でトークショーを行い、尊敬する五木ひろしからプレゼントされた衣装を着て登場した山内さんは

「15年を迎えるときにどんな曲をいただけるのか楽しみにしていたところ、この『スポットライト』という曲のタイトルを見て、すごくいいタイトルだなと思いました。歌の内容も自分自身と重ねることできますし、いままでいろんなタイプの歌(演歌)を演じさせていただいてきましたが、今回はちょっと違う目線で歌える、自分に近い、そしてこれまでの経験を乗せられるということで、15周年の記念曲にふさわしい曲をいいタイミングでいただけてうれしいです」

と新曲をPR。
201502100003

喜多條さんは

「『神田川』があれだけ売れたので、よく第二の『神田川』を書いてくださいと頼まれたりしてきましたが、ずっと40年間、断り続けてきました。僕は二番煎じが嫌いなので…。ところが山内くんの声とか顔とかを見ていると、なぜか手が自然に第二の『神田川』に行ってしまったんです。何の抵抗もないということは、長い間、僕が拒んできたものを『この子なら歌える』と思う瞬間があったんですね。いままで歩いてきた道を、詞の言葉でいうと『リアリティ』を山内くんに託してみたくなったのが本音です」

水森さんは

「この詞をディレクターが『最高のものができました』と言ってもってきましたが、いつそう言うので本当かなと思って見たところ、読んでみたら『本当だな』と思いました。すぐにドラマになり、メロディーができました。歌の中の表情が出せる、演出・演技ができるようになったのがこの1年ぐらいです。いままでどの歌を歌っても僕のほうがうまかったんです(笑)が、この歌は山内のほうがうまい。初めてですよ」

と話していました。

201502100001

新曲のMVは、これまでの演歌では類を見ないドラマ仕立ての映像で表現。若手男優と女優が、恋人役で熱演するドラマシーンと山内の歌唱シーンをオーバーラップさせながら新曲の世界観を描いた映像で、山内さんは

「僕自身が皆さんにとってスポットライトのような存在になって、皆さんの過去や未来を照らせる歌い手になりたいと思っています。そのためにもこの『スポットライト』を大出世作にしたい」

と、新曲の大ヒットに意欲を燃やしていました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる