*

原田直之 旭日双光章受章祝賀会、盛大に

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

10月22日、今春の叙勲で長年の民謡界での活躍により、旭日双光章を受けた原田直之さんの受章を祝う会が、東京・文京区のホテル椿山荘東京で開かれました。

201410220002

原田直之という名前は、当サイトをご覧の皆さんには馴染みが薄いかも知れませんが、民謡界では最高峰とされる、日本民謡協会制定の名人位と、日本郷土民謡協会の民謡栄誉賞を受けている当代随一の民謡歌手。福島県の浪江町出身で、東日本大震災により故郷が壊滅的な被害を受けたことから、積極的に復興支援活動を行っており、NHKの復興支援ソング「花は咲く」のレコーディングに参加しています。

201410220001

祝賀会には斉藤京子さん、大塚文雄さんといった重鎮を含む多数の民謡歌手、ペギー葉山、森進一といった歌謡界のスターの他に、政界からも小池百合子衆議院議員ほかが出席するなど、およそ600名の多彩な顔ぶれが集まり、原田さんを祝福しました。

「こうして皆さんに祝っていただけるのも、師匠の我妻桃也先生をはじめ、ご指導ご支援くださった皆さんのお蔭です。これからも民謡界のために、東北復興のために、少しでも役に立ちたいと思います」

と話し、感謝と今後への意欲を示しました。

舞台では「新相馬節」「大漁唄い込み」などの十八番を披露したほか、真木夫人とのデュエットで「ある夫婦のうた」を歌う場面もあり、結婚50年の夫妻に改めて温かい拍手が贈られました。

201410220005
201410220003

祝賀会の終盤には、出席者と共に「花は咲く」を合唱するシーンがありましたが、そこには復興を支援する原田さんの真摯な姿勢が窺え、この人が勲章を受け、またこれほど多くの人が祝福に集まる理由がわかった気がしました。

来賓挨拶で複数の関係者から

「常に笑顔で、誰とも分け隔てなく接する」

と、その人柄を評されていた原田さんですが、そんな春の陽のような穏やかさがあればこそ、原田さんの周りに「花は咲く」のでしょう。その歌が、想いが届き、人々の心を動かしたとき、失われかけた故郷にもきっと「花は咲く」に違いありません。

201410220004

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる