*

水森かおり デビュー20年目のメモリアルコンサート!昨年の紅白で着用した巨大衣装を再現

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

9月25日、島根県を舞台にした最新シングル「島根恋旅」(詞・仁井谷俊也、曲・弦哲也)がロングヒット中の演歌歌手・水森かおりさんが、東京・中野区のサンプラザホールでメモリアルコンサートを開きました。

201409250002

平成17年から毎年、デビュー記念日の「9月25日」に行っている恒例のコンサートで、今年で10年連続10回目。そして、この日からちょうどデビュー20年目に突入。

「今回のメモリアルコンサートがちょうど10回目、そしてデビュー20年目に入りますので、気持ちもまた新たに20周年イヤーに向けていい形でスタートが切れたらいいなと思っています。今回は昨年と同様、紅白歌合戦で着た(巨大な)衣装を皆さんに見ていただくコーナーもあります。去年の衣装は、恐竜とか、キュウリとかいろいろ言われます(笑)が、花びらでして、『伊勢の森の精』というイメージで作っていただきました。(癖になる?)もっと高く、もっと高くという気持ちにはなりますが…。(今年の衣装はもっと高い?)いえいえ、出場することが目標なので、そこまでは全く考えていません。まずは、出場することを目標に年末に向かって頑張って歌っていきます」

と笑顔であいさつ。

約2000人の熱烈なファンで満席の中、新曲「島根恋旅」をはじめ、大ヒット曲から「安芸の宮島」「松島紀行」「熊野古道」「鳥取砂丘」「釧路湿原」「ひとり長良川」「ひとり薩摩路」、今月24日発売のニュー・アルバム「歌謡紀行13~島根恋旅~」から「東京ドドンパ娘」「下町の太陽」、昭和の名曲から「柿の木坂の家」「月がとっても青いから」、それにデビュー曲「おしろい花」など全32曲を熱唱。
ファイナルでは、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で着た話題の衣装を再現。一昨年、昨年と2年連続で桂由美さんがデザインした「巨大衣装」をお披露目して会場やお茶の間の人たちを大いに驚かせましたが、この日は、昨年、着用した高さ6メートルの緑の巨大ドレスを着て「伊勢めぐり」を歌い、曲の途中から孔雀のように衣装が広がる様は圧巻で、昨年の紅白のステージをほうふつとさせました。

201409250001

また、初めて紅白に出場したとき=平成15年=に着た衣装も披露し、

「初心の気持ちで久しぶりに着ましたが、(体型も変わらず)ちゃんと着れました」

と笑顔を見せ、最後まで満員の客席を楽しませました。
来年7月には、東京・明治座で事務所の先輩歌手・山川豊と1カ月公演を予定していますが、

「まだ何も決まっていませんが、山川先輩が社交ダンスをやってらっしゃるので、私も社交ダンスに挑戦して、優雅に踊ってみたい」

と胸を膨らませていました。

201409250003

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる