*

■福田こうへいが地元・盛岡市の中学校での講演で令和3年の仕事をスタート

公開日: : ニュース

昨年、第62回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞、元日に10枚目のシングル「かんべんナ」をキングレコードから発売した演歌・民謡歌手の福田こうへい(44)が13日、地元、岩手・盛岡市の盛岡市立大宮中学校の生徒530人の前で講演を行った。

福田こうへい(その1)

コロナ禍で、多くの行事が中止や延期になる中、「未来を担う子供たちのために何か心に残るものを」という同中学校からのオファーに応える形で実現したもの。

福田こうへい(その2)
 
 邦楽を通じての「郷土・文化・人生」と題された講演で福田は「今日の歌唱で、若いみなさんの中に一人でも多く民謡を継承してもらえたら幸せです」と語り、実演では、「南部牛追い歌」「外山節」「南部蝉しぐれ」など民謡3曲、新曲「かんべんナ」など演歌3曲の全6曲を披露。

 生徒たちの中には「福田こうへいさんの歌を初めて生で聴いて、鳥肌がたった」などと感動
し、大きな拍手が沸き起こっていた。

福田こうへい(その3)

 講演を終えた福田は「予想以上にみんなが真剣に聴いてくれて、講演を引き受けてよかった。今日をきっかけに、民謡に限らず、勉強、スポーツに、それぞれが取り組んでいってもらえたら嬉しいですね。令和3年は有意義なスタートを切ることができました」と笑顔を見せていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる