*

■村上紗由里がちょっと早めの歌い納めワンマンライブ。懐かしい昭和のメロディーで満員のファンを魅了

公開日: : ニュース

メジャーデビュー2年目を迎え、第2弾ミニアルバム「すいかずら」(ベルウッド・レコードから5月10日発売)がロングセラー中のシンガー・ソングライター、村上紗由里(28)が11月22日、東京・渋谷区の恵比寿天窓.switchで「体験 第3章~睦月の夕べにラヂヲの音色~」と銘打ったワンマンライブを開いた。

村上紗由里(その1)

山崎まさよし、秦基博ら個性的なシンガー・ソングライターを世に輩出し続ける音楽プロダクション「オフィスオーガスタ」と、個性的な実力派アーティストが多く所属する「ベルウッド・レコード」が初タッグを組み、昨年6月1日にミニアルバム「落陽」でデビューしたのが村上紗由里だ。

 今回のミニアルバムは「昭和初期、戦後の音楽からニューミュージックまでの間を行き来できるようなノスタルジーな雰囲気の曲をいっぱい詰め込もうというコンセプトで作ったアルバムです」。なかでもリード曲「忍冬(すいかずら)」(詞曲・村上紗由里)は、昭和テイストいっぱいの懐古主義的かつ鮮烈な郷愁を伴う楽曲として大きな話題を呼んでいるが、「戦後、大ヒットした『リンゴの唄』のような雰囲気の曲ですが、『平成のリンゴの唄』になればいいなと思って作りました」。

村上紗由里(その2)

この日は、ワンマンとしてはちょっと早めの2017年歌い納めとなるライブで、吉田拓郎や南こうせつのサウンドのキーマンを務めたギタリスト・徳武弘文と彼のバンド「鉱石ラヂヲ」のメンバーを迎え、初のバンドスタイルで行うことになり、「今日は、今年最後のワンマンライブですので、皆さんにおもいっきり楽しんでいただきたいですし、終わったあとに『楽しくて、あっという間だったね』と言っていただけるようなライブにしたいです」。

会場は約100人のファンで超満員の中、「今日は初めてのバンドでのワンマンライブなので、この日が来るのをずっと楽しみにしていました。皆さんもどうぞ最後まで楽しんでいってください」と笑顔であいさつし、アコースティックギター&ピアノの弾き語りで、昨年6月1日発売の第1弾ミニアルバム「落陽」から「アメザイク」「風を待つカーテン」「あげます」、第2弾ミニアルバムからフォークシンガー・及川恒平の代表作のカバーから「面影橋から」、音楽プロデューサーで作曲家・加藤和彦が遺した幻の未レコーディング作品「泣いて泣いて」、自作詞曲から「花嫁になるあなたへ」「はあべすと」などを歌唱。

村上紗由里(その3)

また、来春発売のアルバムに収録予定の新曲から初お披露目の「遠雷」「迷走」、第1弾ミニアルバムのリード曲で、映画「燐寸少女 マッチショウジョ」挿入歌の「落陽」、それに同第2弾のリード曲「忍冬」など全16曲を披露し、歌い納めにふさわしい熱唱ライブで最後まで客席を楽しませた。
 12月2日には、東京・池袋の西武池袋店で系列レコード会社・キングレコードに所属の演歌歌手・山本あきと2人で「山本あき&村上紗由里 フォーク村クリスマススペシャル」と銘打ったジョイントライブを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる