*

大月みやこ、デビュー50周年記念コンサート開催

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , , , ,

大月みやこさんが10月29日、東京・渋谷公会堂で50周年記念コンサートを開きました。

「いのちの海峡」オリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位

昭和39年6月20日に「母恋三味線」でデビューして今年で50周年。9月に発売した記念シングル「いのちの海峡」も、オリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位を記録するなど好調です。

うれしいやら恥ずかしいやらの50という大きな冠

大月みやこ 50周年記念コンサート
「本日のこのステージに、うれしいやら恥ずかしいやらの50という大きな冠をつけていただきました。デビューしていつの間にやら50という年月を通過することになりました。今日は、うれしい、うれしい50という数字を感じながら皆さまとご一緒できることがとても幸せです。いろんなことがあったような気がしますが、どの一年をとりましても大月みやこ、とっても幸せでした。それにも増して今日が一番幸せでございます」(大月さん)

全23曲を熱唱

 ステージは、日本レコード大賞受賞曲「白い海峡」で幕開け。「心ひとすじ」「女のかがり火」、デビュー時代の歌から「ひなげし小唄」「大阪夜霧」を披露。斉藤功氏のギター、上柴はじめ氏のピアノ伴奏で「おんな船頭唄」(三橋美智也)、「哀愁波止場」(美空ひばり)も歌唱。さらに、華麗な日本舞踊の踊りをバックに「女の舞」「乱れ花」、手話を交えながら「夢日記」、大ヒット曲から「女の港」「女の駅」、それに新曲「いのちの海峡」など全23曲を熱唱しました。

各方面からお祝いの言葉が送られる。

 途中、フリーアナウンサー・徳光和夫氏、音楽評論家&作詞家の湯川れい子氏、それに会場のファンの皆さんからのお祝いメッセージも紹介されました。
大月みやこ 50周年コンサート

大月みやこさんより

「今回は、50という数字を感じながらデビューのあのころからの歌もこのステージでお聴きいただくことができました。あのころの写真も見ていただけて、まあ、そんなに変わっていないかなと自分では思っていますが(笑)。いや、やはり随分年をとったような気がいたします。でも、変わらず今日もこんなに聴いてくださったあなたに、あなたに感謝の思いでいっぱいです」

大月みやこ「いのちの海峡」
大月さんの新曲「いのちの海峡」は、携帯で演歌で配信しています。 艷やかに表現された世界をお楽しみください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる