*

もうすぐ節分!「鬼」「幸福」の演歌をまとめてみました。

都心でも雪がぱらつくほど寒い日が続いていますが、冬もぼちぼち後半に突入。2月を乗り切れば、あとは気温が上がるのを待つばかりです。
そして、冬のイベントも残りわずか。クリスマス、年越し、成人のお祝いが終わり、次にやってくるイベントは2月3日の節分ですね!2015年の恵方は西南西。願い事を胸に浮かべながら、恵方巻きをがぶっといきましょう!

鬼は~外!福は~内!
鬼と幸福の歌まとめ

201501220003

「夜叉」真木柚布子

201501220001
愛する人のためなら夜叉(鬼)にもなれる…そんな、女性の深い愛と情熱がテーマ。
★楽曲購入はこちらから

 

「聖橋(ひじりばし)で」あさみちゆき

201408130003
夢ばかり見ている男性のもとから、心を鬼にして出て行く女性の悲壮な決意。

あさみちゆき
あさみのうたⅢ ~青春のたまり場~
Kayokyoku
¥0
provided courtesy of iTunes

 

「羅生門」坂本冬美

201411270003
勇壮な男を歌った一曲。男なら、覚悟を決めて鬼に立ち向かわなければならない時があるのです。

坂本冬美
坂本冬美ベスト 凛
Pop
¥250
provided courtesy of iTunes

 

「羅生門」ジェロ

201409120006
坂本冬美を尊敬するジェロがカバーしたもの。男らしさにあふれてカッコイイ!

ジェロ
カバーズ2
Kayokyoku
¥250
provided courtesy of iTunes

★楽曲購入はこちらから

 

「桃太郎侍の歌」三波春夫

201409180007
人の世にはびこる悪鬼を退治する桃太郎侍。三波春夫の名調子がめちゃくちゃカッコイイです!

三波春夫
三波春夫?シネマ・ソング・ブック
Kayokyoku
¥250
provided courtesy of iTunes

★楽曲購入はこちらから

 

「お祭りマンボ」美空ひばり

201412220002
節分がそうであるように、鬼とおかめは対の存在として歌われます。

美空ひばり
美空ひばり プレミアムパッケージ「Best 70+1 Songs」
Kayokyoku
¥250
provided courtesy of iTunes

★楽曲購入はこちらから

 

「忘れもの」秋元順子

201406060001
大ヒット曲「愛のままで…」のカップリングとして収録されていた曲です。出て行ったきりの男に対して、鬼さんこちら…と呼びかける女の寂しさ。

秋元順子
愛のままで… – Single
Kayokyoku
¥200
provided courtesy of iTunes

★楽曲購入はこちらから

 

「ちいさい秋みつけた」由紀さおり・安田祥子

子供の遊びやわらべうたには“鬼”がつきものです。鬼さんこちら、手のなるほうへ…。

由紀さおり・安田祥子
童謡ベストコレクション ~秋 冬~
Pop
¥250
provided courtesy of iTunes

 

「福の神」坂井一郎

201501220004
2012年12月に発売したアルバム「坂井一郎全曲集~おまえは泣くな」よりシングルカット。仙台地方を中心に「福の神」と祭られている、実在した人物“仙臺四郎”の生き様をテーマにした心温まる内容の作品です。
★楽曲購入はこちらから

 

「幸せさんよ 出ておいで」畠山みどり

幸せはすぐ身近にある、と気づかせてくれる曲。軽快なリズムにのせて、♪出ておいで出ておいで~と歌うフレーズが大変覚えやすいです。

畠山みどり
幸せさんよ 出ておいで – EP
Enka
¥250
provided courtesy of iTunes

★楽曲購入はこちらから

 

「小っちゃな幸せの歌」島倉千代子

201409120008
島倉千代子さんは「幸せ」をテーマにした楽曲を多くリリースしています。

島倉千代子
歌手生活40周年 愛・歌・心 島倉千代子大全集⑫
Enka
¥250
provided courtesy of iTunes

★楽曲購入はこちらから

line

さて、その次のイベントは2月14日のバレンタインデー。女性の方はそろそろチョコレートの準備をする頃でしょうか…?
男性の方、楽しみにお待ちくださいね♪

フィーチャーフォン(ガラケー)向けサイト
●「携帯で演歌」はこちら
●「携帯で演歌フル」はこちら
スマートフォン向けサイト
●「携帯で演歌(スマートフォンサイト)」はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる